第215回:新型「マスタング」のここに注目!
フォードの開発陣にインタビュー

2013.12.14 エッセイ
世界6都市でほぼ同時公開された新型「マスタング」。筆者はオーストラリア・シドニーの会場で、この“歴史的瞬間”を見とどけた。
世界6都市でほぼ同時公開された新型「マスタング」。筆者はオーストラリア・シドニーの会場で、この“歴史的瞬間”を見とどけた。

2013年12月5日、新型「マスタング」がフォードの拠点である米国ミシガン州ディアボーンのほか、ニューヨーク、ロサンゼルス、バルセロナ、シドニー、そして上海の6都市で、ほぼ同時に公開された。同車50年の歴史において、最も革新的な進化を遂げたとうたわれる新型は、どのようなコンセプトで開発されたのか。開発陣に聞いた。

チーフデザイナーのクレイグ・メトロス氏(左)と、パワートレイン開発責任者のボブ・ファセッティ副社長(右)。
チーフデザイナーのクレイグ・メトロス氏(左)と、パワートレイン開発責任者のボブ・ファセッティ副社長(右)。
逆スラントしたシャークノーズなど、歴代「マスタング」の特徴が受け継がれている。
逆スラントしたシャークノーズなど、歴代「マスタング」の特徴が受け継がれている。
リアから眺めても、まごうことなき「マスタング」。3連のリアコンビネーションランプが独自の個性を放つ。
リアから眺めても、まごうことなき「マスタング」。3連のリアコンビネーションランプが独自の個性を放つ。

シドニー会場には新旧「マスタング」が勢ぞろ揃い。


	シドニー会場には新旧「マスタング」が勢ぞろ揃い。

レトロではなく「今」を表現

「フォード・マスタング」の世界6カ所での同時発表イベントが終了したのが昨晩の午前0時過ぎ。デザインを手がけたフォード・オブ・オーストラリアのチーフデザイナー、クレイグ・メトロス氏も新型マスタングとともにカメラのフラッシュを浴び、マイクを向けられ忙しくしていた。それなのに、今朝は午前4時30分からシドニーのランドマーク、オペラハウス前でマスタングと一緒の撮影を済ませてきたという。その後でのインタビューとなったが、眠そうなそぶりなど一切見せることがなかったのは、新型マスタングのデザインの仕上がり具合に大いに満足しているからだろう。

クレイグ・メトロス氏は、マスタングに携わる前はピックアップトラックの「レンジャー」をデザインした。日本の広島にも駐在したことがあり、その時は「エスケープ」を担当。二輪車のデザインにも関心が大きく、横浜のモーターサイクルショーに足を運んだほどだ。

――新型マスタングのデザインで最もエネルギーを注いだのは、どんな点でしたか?

「誰にも、ひと目でアメリカンマッスルカーだと感じてもらえるプロポーションを維持することです」

――具体的には、どんな点ですか?

「強力なエンジンが搭載されていることをイメージさせる長大なボンネットとキャビン、4本のホイールとホイールベース、車高などの位置関係をミリメートル単位で何度も何度も調整して仕上げました。キャビンが前にあり過ぎるように見えてもいけないし、後ろ過ぎるように見えてもいけません。力強く加速していく姿がイメージできるようなプロポーションが大事です」

――旧型と比べて幅広く、全高が低くなっていますね。

「ええ。パフォーマンスを向上させ、視覚的にも安定感を増すためです」

――歴代マスタングが必ず持っているディテールも忘れていませんね。

「もちろんです。逆スラントしたシャークノーズ、ギャロッピングホース、3連のリアコンビネーションランプなどはマストです」

――ヘッドライトの内側にもう1組あるドライビングライトが、初代マスタングのルーバーみたいですね。

「よく気付いてくれましたね。あのルーバーをなんとか再現したいといろいろ試みてみましたが、ヘッドライト自体を小さくすることと併せて、実現できました」

――その狙いは達成されているように思えました。誰が見てもマスタングだし、とてもモダナイズされたと思います。

「ありがとう。レトロじゃないということをわかってほしい。マスタングらしさをアピールしながら、レトロに陥らせたくなかったんです。これは簡単なことではありません。“マスタングらしさ”を追求していくと、それはその時点でのマスタングらしさでしかありません。時は流れています。前進しなければなりません。2013年12月に発表するにふさわしいマスタングでなければならなかったのです。デザインチームはとても粘り強くトライし続けてくれました」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る