スズキ・ソリオ(FF/CVT)

どこまでも真面目 2013.12.17 試乗記 新開発の「デュアルジェットエンジン」を搭載した「スズキ・ソリオ」に試乗。その仕上がりを確かめた。

生活者の強い味方

11月にマイナーチェンジを受け、「スズキ・スイフト」と同じ1.2リッター4気筒の「デュアルジェットエンジン」を積んだ「スズキ・ソリオS-DJE」に試乗しながら、数日前にコーヒー好きの知人と交わした会話を思い出す。
お題は「コンビニの100円コーヒー」。あれはなかなかうまい、食通ではない自分には十分だという話をした。特にセブン-イレブンのやつが好みだ。
いっぽうコーヒー好きの知人は、値段を考えれば上等の味だと認めながら、「それでもやっぱり香りや、器の形や感触を楽しみたい」と反論するのだった。特にいまの季節のコンビニは、おでんや肉まんの湯気でホカホカしているのでコーヒーを楽しむには最悪の環境であるらしい。

スズキ・ソリオも、値段を考えればべらぼうに広くて小回りが利き、よく走る、生活者の強い味方である。ソリオが1台あれば、4人家族のファミリーなら何の不足も感じないだろう。試乗会での短時間の試乗だったので燃費は計測できなかったけれど、スイフトの例から推察するに燃費もいいはずだ。
ただし形やドライブフィールを楽しみたいクルマ好きとしては、「どうしてもソリオにしたい」という強いインパクトは感じなかった。

とはいえ、何かに不満を覚えるわけではない。12.0という高い圧縮比や機械抵抗を減らすことなどで省燃費を実現した“スズキ版SKYACTIV”ともいえるデュアルジェットエンジンは、その排気量から想像するよりはるかに力強く加速する。高速道路の合流部分で加速するとかなり高い回転域まで使うことになるけれど、ノイズもバイブレーションも少なく、スムーズに回る印象だ。
25.4km/リッターというJC08モード燃費は、使いやすさを犠牲にして成り立っているのではなく、きちんと乗り手の立場になって達成したものだ。
組み合わされるCVT(自動無段変速機)とのマッチングもよく、速くはないけれどレスポンスはいい。
「真面目に作られている」という印象は、エンジンだけでなく足まわりも共通だった。

今回のマイナーチェンジでは外観デザインの一部も変更。バンパーやフロントグリルの形状が新しくなったほか、全車に「ソリオ バンディット」と共通のサイドスポイラーが装着された。
今回のマイナーチェンジでは外観デザインの一部も変更。バンパーやフロントグリルの形状が新しくなったほか、全車に「ソリオ バンディット」と共通のサイドスポイラーが装着された。
リアビューでは、LEDのリアコンビランプや新形状のバンパー、ルーフエンドスポイラーなどがマイナーチェンジモデルの特徴。
リアビューでは、LEDのリアコンビランプや新形状のバンパー、ルーフエンドスポイラーなどがマイナーチェンジモデルの特徴。
インテリアでは、インパネやドアトリムなどがブラックに変更された。常時発光式のメーターや、「スイフト」と同じ形状のステアリングホイールなども新採用。
インテリアでは、インパネやドアトリムなどがブラックに変更された。常時発光式のメーターや、「スイフト」と同じ形状のステアリングホイールなども新採用。
1気筒あたり2本のインジェクターが備わる1.2リッター4気筒の「デュアルジェットエンジン」。従来のエンジンを搭載したグレードも用意されている。
1気筒あたり2本のインジェクターが備わる1.2リッター4気筒の「デュアルジェットエンジン」。従来のエンジンを搭載したグレードも用意されている。
「S-DJE」と「X-DJE」には、ブレーキエネルギー回生機構の「エネチャージ」も採用。助手席の下には、専用のリチウムイオンバッテリーが備わる。
「S-DJE」と「X-DJE」には、ブレーキエネルギー回生機構の「エネチャージ」も採用。助手席の下には、専用のリチウムイオンバッテリーが備わる。
関連記事 ホームへ戻る