ホンダN-WGN G・Aパッケージ(FF/CVT)/N-WGNカスタム G・ターボパッケージ(FF/CVT)

独自路線で王道に挑む 2013.12.15 試乗記 軽自動車のメインストリームであるハイトワゴンのジャンルに登場した「N-WGN」。「スズキ・ワゴンR 」「ダイハツ・ムーヴ」の二強と、真正面からぶつかるこのクルマに試乗した。

「N」の第4弾は“先鋭・主張・充足”

試乗前に行われた技術説明会で、“先鋭・主張・充足”というスローガンとともに「N-WGN(エヌワゴン)」の雄姿がスクリーンに映し出された。背景には、何やら薄くイラストが描かれている。よく見ると、それは歌舞伎の隈(くま)取りと厳島神社のものらしき鳥居だった。しかも、色は妖しい紫である。なるほど、これは日本文化の基層に根強く浸透しているあの美学をわかりやすく表しているではないか。このクルマがターゲットとしている層を、はっきりと見定めているのだ。

N-WGNは「N」シリーズの第4弾モデルである。「N BOX(エヌ ボックス)」「N BOX+(エヌ ボックス プラス)」「N-ONE(エヌワン)」の好調ぶりを受けての発売となった。軽自動車のメインストリームであるハイトワゴンのジャンルであり、日本車の王道だと言ってもいいかもしれない。軽自動車は今や日本の乗用車販売のほぼ半分を占めていて、その中の最大のマーケットということになるのだ。N-ONEもハイトワゴンに含まれるが、「N360」をデザインモチーフとしていて全高が若干低く、“軽スペシャリティー”の要素もあった。N-WGNは、「スズキ・ワゴンR 」「ダイハツ・ムーヴ」の二強と真正面からぶつかることになる。

軽自動車で今ホットな闘いが繰り広げられているのは、燃費のフィールドだ。ワゴンRとムーヴに三菱日産連合の「eKワゴン/デイズ」も加わって、コンマ1の数字を争っている。ホンダは、そこからは離れた独自路線を選択した。後発なのだから意地でもアタマを取りにいきそうなものだが、それをしなかった。ターボエンジン車で26.0km/リッター、ノンターボ車でも29.2km/リッターである。数字的にはインパクトに欠けるが、これだって見事な低燃費に違いない。ここで一番をとらなくても、走りのよさとの組み合わせで魅力を打ち出す戦略なのだ。

「N-WGN G・Aパッケージ」に搭載されるエンジンは自然吸気の660cc直3エンジン。58psと6.6kgmを発生する。
「N-WGN G・Aパッケージ」に搭載されるエンジンは自然吸気の660cc直3エンジン。58psと6.6kgmを発生する。
「N-WGN G・Aパッケージ」の室内。スタンダードモデルはベージュ系の室内色となる。
「N-WGN G・Aパッケージ」の室内。スタンダードモデルはベージュ系の室内色となる。
ボックスティッシュが3箱収納可能なグローブボックスと、3通りの使い方ができるスライドセンタートレイ。(写真をクリックすると、トレイのアレンジが見られます)
ボックスティッシュが3箱収納可能なグローブボックスと、3通りの使い方ができるスライドセンタートレイ。(写真をクリックすると、トレイのアレンジが見られます)
 
ホンダN-WGN G・Aパッケージ(FF/CVT)/N-WGNカスタム G・ターボパッケージ(FF/CVT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

N-WGNの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る