クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダN-WGN G・Aパッケージ(FF/CVT)/N-WGNカスタム G・ターボパッケージ(FF/CVT)

独自路線で王道に挑む 2013.12.15 試乗記 軽自動車のメインストリームであるハイトワゴンのジャンルに登場した「N-WGN」。「スズキ・ワゴンR 」「ダイハツ・ムーヴ」の二強と、真正面からぶつかるこのクルマに試乗した。

「N」の第4弾は“先鋭・主張・充足”

試乗前に行われた技術説明会で、“先鋭・主張・充足”というスローガンとともに「N-WGN(エヌワゴン)」の雄姿がスクリーンに映し出された。背景には、何やら薄くイラストが描かれている。よく見ると、それは歌舞伎の隈(くま)取りと厳島神社のものらしき鳥居だった。しかも、色は妖しい紫である。なるほど、これは日本文化の基層に根強く浸透しているあの美学をわかりやすく表しているではないか。このクルマがターゲットとしている層を、はっきりと見定めているのだ。

N-WGNは「N」シリーズの第4弾モデルである。「N BOX(エヌ ボックス)」「N BOX+(エヌ ボックス プラス)」「N-ONE(エヌワン)」の好調ぶりを受けての発売となった。軽自動車のメインストリームであるハイトワゴンのジャンルであり、日本車の王道だと言ってもいいかもしれない。軽自動車は今や日本の乗用車販売のほぼ半分を占めていて、その中の最大のマーケットということになるのだ。N-ONEもハイトワゴンに含まれるが、「N360」をデザインモチーフとしていて全高が若干低く、“軽スペシャリティー”の要素もあった。N-WGNは、「スズキ・ワゴンR 」「ダイハツ・ムーヴ」の二強と真正面からぶつかることになる。

軽自動車で今ホットな闘いが繰り広げられているのは、燃費のフィールドだ。ワゴンRとムーヴに三菱日産連合の「eKワゴン/デイズ」も加わって、コンマ1の数字を争っている。ホンダは、そこからは離れた独自路線を選択した。後発なのだから意地でもアタマを取りにいきそうなものだが、それをしなかった。ターボエンジン車で26.0km/リッター、ノンターボ車でも29.2km/リッターである。数字的にはインパクトに欠けるが、これだって見事な低燃費に違いない。ここで一番をとらなくても、走りのよさとの組み合わせで魅力を打ち出す戦略なのだ。

「N-WGN G・Aパッケージ」に搭載されるエンジンは自然吸気の660cc直3エンジン。58psと6.6kgmを発生する。
「N-WGN G・Aパッケージ」に搭載されるエンジンは自然吸気の660cc直3エンジン。58psと6.6kgmを発生する。 拡大
「N-WGN G・Aパッケージ」の室内。スタンダードモデルはベージュ系の室内色となる。
「N-WGN G・Aパッケージ」の室内。スタンダードモデルはベージュ系の室内色となる。 拡大
ボックスティッシュが3箱収納可能なグローブボックスと、3通りの使い方ができるスライドセンタートレイ。(写真をクリックすると、トレイのアレンジが見られます)
ボックスティッシュが3箱収納可能なグローブボックスと、3通りの使い方ができるスライドセンタートレイ。(写真をクリックすると、トレイのアレンジが見られます) 拡大
 
ホンダN-WGN G・Aパッケージ(FF/CVT)/N-WGNカスタム G・ターボパッケージ(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大

センタータンクを生かした床下収納

もう一つの争点は、室内の広さだ。この点に関しては、ホンダには「センタータンクレイアウト」というアドバンテージがある。室内幅や室内有効長でクラストップをうたうほか、荷室の広さを確保したことをアピールしている。後部にガソリンタンクを持たないメリットを生かしているわけだ。後席を最大限に下げても360mm、前にスライドさせれば560mmになる荷室は確かに広い。床は二重構造になっていて、結構な大きさの床下収納がある。床板を跳ね上げると後席を下げた状態でベビーカーが入るのは、お母さんにとってはうれしいだろう。

シートに座って広さに驚かないのは、慣れてしまっただけのことに違いない。このジャンルでは限界までスペースを広げるのが当たり前になり、数cmの差は実感できなくなってしまった。それで、身長185cmの編集部K氏を前後シートに座らせてみるという実験をしてみたのだが、写真でわかるように間違いなく広い。K氏によれば、シートを一番前にスライドさせても、狭くて息苦しいようなことはないそうだ。

収納の工夫も大切なポイントである。ワゴンRの助手席下バケツに対抗したのか、N-WGNは後席の下に大きなトレイを用意した。靴などを入れられるのだが、スッキリ縦に入れられるサイズは28センチまで。大足の人はお気の毒さまである。

ダッシュボードに備わるスライドセンタートレイはドリンクホルダーと組み合わされていて、3通りの使い方ができる。マクドナルドのバリューセットが載せられる大きさなんだそうだ。「トヨタ・プロボックス」は“ほか弁”対応のトレイを用意していたから、クルマによってランチに何を食べるかの想定が異なっているわけである。

A型のベビーカーが縦に収納可能な二重構造の荷室。(写真をクリックすると床板のアレンジが見られます)
A型のベビーカーが縦に収納可能な二重構造の荷室。(写真をクリックすると床板のアレンジが見られます) 拡大
200mmのスライド量を誇る後席。5:5分割可倒式だが、スライドは一体式となる。
200mmのスライド量を誇る後席。5:5分割可倒式だが、スライドは一体式となる。 拡大
身長185cmの編集者が、通常のドライビングポジションを設定し、後席に移動した合成写真。後席を最前端にスライドさせても、足元には余裕がある。
身長185cmの編集者が、通常のドライビングポジションを設定し、後席に移動した合成写真。後席を最前端にスライドさせても、足元には余裕がある。 拡大
後席下のトレイは幅99cm、奥行きは最大で33cmとなる。
後席下のトレイは幅99cm、奥行きは最大で33cmとなる。 拡大
関連キーワード

ドレスアップが前提?

さらに細かい工夫が、シートバックアッパーポケットだ。大小2つに区切られていて、小さいほうにはスマホが、大きいほうにはDSなどの携帯ゲーム機が入る。素材がメッシュになっているのは、ゲーム機が見つからずに子供が騒ぐのを未然に防ぐためだ。この手のクルマが使われる状況を、綿密にリサーチしたことの成果なのだろう。

N-WGNの商品構成は、大きく分けて4つだ。ボディーデザインがスタンダードとカスタムの2種で、どちらもターボとノンターボが選べる。ハイトワゴンでは常道となった手法である。今のところ、ボディータイプはスタンダードとカスタムがほぼ半々だという。ターゲット層を考えるとカスタムがもう少し多くてもよさそうだが、スタンダードでも結構いかつい顔付きをしている。堂々として立派に見えることが重要という要求に、しっかり応えているのだ。

そして、このデザインは必ずしも完成形ではない。かなりの割合のユーザーが何らかのドレスアップを試みる。この日も、ホンダアクセスと無限が、それぞれのパーツで飾り立てたN-WGNを展示していた。無限はエアロ系が中心だが、アクセスは独特な世界観を強く打ち出す製品を豊富に用意していた。中でも目立ったのは、スワロフスキーを使ったドレスアップパーツである。ドアパネルやダッシュボードを、キラキラ輝かせるのだ。ドアミラーもスワロフスキーで飾られていた。ユーザーの多くを占めるはずの若い女性を引きつけそうだ。

男女どちらにも受けそうなのが、リアクオーターのガーニッシュに仕込まれた「N」マークのイルミネーションだ。昼はハーフミラーで、夜はブルーに発光する。10万円以上かけてアクセサリーを取り付ける人がかなりいるのだそうだ。本体価格が安いことで、最初からドレスアップを前提にしているのだろう。

前席のシートバックには、中身が見えるメッシュタイプの小物入れが備わる。
前席のシートバックには、中身が見えるメッシュタイプの小物入れが備わる。 拡大
試乗会場には、純正のアクセサリーパーツでドレスアップされた車両も展示されていた。
試乗会場には、純正のアクセサリーパーツでドレスアップされた車両も展示されていた。 拡大
スワロフスキーを埋め込んだシフトゲートカバーはディーラーオプション(6825円)。
スワロフスキーを埋め込んだシフトゲートカバーはディーラーオプション(6825円)。 拡大
昼間はハーフミラー、夜にはスモールライトに連動して、Nの文字がブルーに発光するイルミネーションはディーラーオプション(3万1500円)。
昼間はハーフミラー、夜にはスモールライトに連動して、Nの文字がブルーに発光するイルミネーションはディーラーオプション(3万1500円)。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

余裕をもたらすターボエンジン

スタンダードかカスタムかは好みによるが、エンジンはぜひともターボを選んでほしい。このターボエンジンは、独自路線の最強の武器である。先鋭的であり、これがホンダの主張だ。だからこそ、充足を提供できる。N-ONEに乗った時、素晴らしい加速とサウンドに感服したのを思い出した。ボディーが大きくて重い分、N-ONEに比べれば多少のハンディはある。それでも、十分にスポーティーな走りだ。

何よりも、余裕のあるところがいい。このエンジンは、むやみに回転を上げる必要がないのだ。小排気量だとどうしても回転でパワーを稼ぐタイプになりがちだが、これは3000rpm程度からじわじわ力感を増していく。軽自動車に乗っていることを忘れそうな感覚をもたらしてくれる。

ノンターボでも、日常の使用で困ることはないだろう。アクセルを踏み込めば、それなりに加速して流れに乗れる。ただし、急ぐときには踏みっぱなしだ。この日は突発的な交通規制で試乗会場に帰るのが間に合わなくなりそうになり、べた踏みで走らねばならない状況に陥った。室内は騒音であふれかえる。また、カスタムに比べるとスタンダードは遮音材が省かれているから、少々愉快ではない音質のエンジン音が侵入してくる。こういう乗り方が多くなれば、おそらく燃費も極度に悪化するだろう。JC08モードの数字とは逆転することになるかもしれない。

ターボ車に乗り換えると、車格まで上がったように思えた。乗り心地もより落ち着いて、ハンドリングも重厚さが増したと感じられたのだ。パドルを使ってシフトダウンを試みると、エンジンブレーキが強めにかかるのが心地よい。試乗会場は市街地だったのだが、山道に行けばもっと楽しめただろう。ターボとノンターボの価格差は、わずか6万円ほどである。真の“先鋭・主張・充足”を手に入れる対価なら、まったく惜しくない。

(文=鈴木真人/写真=高橋信宏)

「N-WGNカスタム G・ターボパッケージ」。テスト車のボディーカラーは「カスタム」専用となるオプションの「プレミアムゴールドパープル・パール」(3万1500円)。
「N-WGNカスタム G・ターボパッケージ」。テスト車のボディーカラーは「カスタム」専用となるオプションの「プレミアムゴールドパープル・パール」(3万1500円)。 拡大
テスト車にはオプションの15インチアルミホイール(3万円)が装着されていた。組み合わされるタイヤのサイズは165/55R15となる。
テスト車にはオプションの15インチアルミホイール(3万円)が装着されていた。組み合わされるタイヤのサイズは165/55R15となる。 拡大
「N-WGNカスタム G・ターボパッケージ」に搭載されるエンジンは660cc直3ターボ。64psと10.6kgmを発生する。
「N-WGNカスタム G・ターボパッケージ」に搭載されるエンジンは660cc直3ターボ。64psと10.6kgmを発生する。 拡大
ブラックが基調となる「N-WGNカスタム G・ターボパッケージ」の室内。
ブラックが基調となる「N-WGNカスタム G・ターボパッケージ」の室内。 拡大
「カスタム」の「Aパッケージ」「ターボパッケージ」装着車にはレザー調のシート生地が採用される。
「カスタム」の「Aパッケージ」「ターボパッケージ」装着車にはレザー調のシート生地が採用される。 拡大
 
ホンダN-WGN G・Aパッケージ(FF/CVT)/N-WGNカスタム G・ターボパッケージ(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大
ホンダN-WGN G・Aパッケージ
ホンダN-WGN G・Aパッケージ 拡大

テスト車のデータ

ホンダN-WGN G・Aパッケージ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1655mm
ホイールベース:2520mm
車重:820kg
駆動方式:FF
エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ
トランスミッション:CVT
最高出力:58ps(43kW)/7300rpm
最大トルク:6.6kgm(65Nm)/4700rpm
タイヤ:(前)155/65R14 75S/(後)155/65R14 75S(ダンロップ・エナセーブEC300)
燃費:29.2km/リッター(JC08モード)
価格:125万円/テスト車=127万6250円
オプション装備:ナビ装着用スペシャルパッケージ(2万6250円)

テスト車の走行距離:413km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:----km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

ホンダN-WGNカスタム G・ターボパッケージ
ホンダN-WGNカスタム G・ターボパッケージ 拡大

ホンダN-WGNカスタム G・ターボパッケージ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1655mm
ホイールベース:2520mm
車重:820kg
駆動方式:FF
エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
トランスミッション:CVT
最高出力:64ps(47kW)/6000rpm
最大トルク:10.6kgm(104Nm)/2600rpm
タイヤ:(前)165/55R15 75V/(後)165/55R15 75V(ブリヂストンB250)
燃費:24.0km/リッター(JC08モード)
価格:151万1000円/テスト車=159万8750円
オプション装備:ボディーカラー<プレミアムゴールドパープル・パール>(3万1500円)/ナビ装着用スペシャルパッケージ(2万6250円)/15インチアルミホイール(3万円)

テスト車の走行距離:385km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:----km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

あなたにおすすめの記事