第65回:村上春樹最新作は“クルマをめぐる冒険”だった!?
『ドライブ・マイ・カー』

2013.12.14 エッセイ

短編発表がニュースになる作家

2013年11月7日付の朝日新聞に、【村上春樹さん新作短編は「ドライブ・マイ・カー」】という記事が載った。短編ひとつ書くだけでニュースになってしまう。村上春樹という作家は、そういう存在なのだ。彼と宮崎駿の新作は、とりあえずチェックしておかなければいけないという暗黙の了解のようなものがある。出来不出来にかかわらず、知らないではすまされない雰囲気なのだ。

『文藝春秋』2013年12月号に掲載されたこの作品は、タイトルのとおりクルマが重要な意味を持っている。主人公の家福(かふく)は俳優で、自分のクルマの運転手を探していた。少し前に事故を起こして免停になり、目には疾患が見つかった。クルマの中で台詞(せりふ)の練習をするので、仕事場への行き来は電車というわけにはいかない。それで、専属の運転手を雇おうと考えたのだ。修理工場の主人に相談すると、候補として紹介されたのは若い女性だった。

冒頭で家福の女性ドライバー観が開陳される。
「彼女たちの運転ぶりはおおむね二種類に分けられた。いささか乱暴すぎるか、いささか慎重すぎるか、どちらかだ」
「かなり運転の達者な女性たちもいた。しかしそんな場合でも家福は、彼女たちからなぜか常に緊張の気配を感じ取ることになった」

「だからオンナの運転ってのは……」という、よくあるオヤジの繰り言のように聞こえてしまうかもしれない。しかし、家福は女性の運転の技量そのものをけなしているわけではないのだ。問題は彼女たちではなく、むしろ家福自身にある。彼の女性への関係の仕方は、いつも不器用でぎこちない。村上の作品では、女性は必ず解釈不能な存在として立ち現れる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。