ダイハツ・タントにターボエンジンの新グレード

2013.12.12 自動車ニュース
「ダイハツ・タントXターボ“SA”」
「ダイハツ・タントXターボ“SA”」

「ダイハツ・タント」にターボエンジン搭載の新グレード

ダイハツ工業は2013年12月12日、軽トールワゴン「タント」のラインナップにターボエンジンを搭載した「Xターボ」「Xターボ“SA”」を追加し、販売を開始した。

3代目となる現行型ダイハツ・タントは、2013年10月に登場。パワーユニットには52psの自然吸気エンジンと64psのターボエンジンの2種類を用意していたが、これまではドレスアップモデルである「タントカスタム」にしかターボ車(カスタムRS)を設定していなかった。

今回追加された新グレードは、標準モデル「タント」のターボ車であり、専用のメッキグリルやフォグランプを採用することで、外観からも自然吸気モデルとの差別化を図っている。

価格は以下の通り。
・Xターボ(FF):138万円
・Xターボ(4WD):150万1000円
・Xターボ“SA”(FF):143万円
・Xターボ“SA”(4WD):155万1000円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る