メルセデス・ベンツS550ロング(FR/7AT)

孤高のクルマ 2013.12.18 試乗記 高級セダンの代名詞として知られる「メルセデス・ベンツSクラス」。その最新型はいま、どのようなレベルにあるのか? そしてどこに向かおうとしているのか?

あきれるほどの完成度

新型が登場するたびに、必ず「完璧!」と筆者を感心させるのが、メルセデス・ベンツ。このほど日本で発売された最新世代の「Sクラス」(通算6代目に当たるW222型)もその例に漏れない。ここでテストに引っ張り出したのは、中心グレードとなるであろう「S550ロング」(左ハンドルが1535万円、右ハンドルは1545万円)だが、総合的なあまりの完成度に、ただただあきれるばかりだ。どの角度から検証しても、クルマ界に君臨する実力、見識、信念、伝統が感じられ、言いようのないほどの“上から目線”も濃密に薫る。

新しいボディーは、無駄な抑揚のないスッキリ感の点で、先代(W221型)よりも軽快なたたずまいを放つ。2.2トンを超える重量も、ホイールベース3165mm、全長5250mm、全幅1900mmにも達する巨体にあらゆる装備を詰め込んだことを考えれば納得。余談だが、前輪の切れ角が大きいため、こんなサイズからは信じられないほど小回りが利いて使いやすいというSクラスの美点は、この新型でも忠実に受け継がれている。

そのフロントに搭載される4.7リッターのV8ツインターボは、基本的に先代からの流れで455ps(335kW)の最高出力と71.3kgm(700Nm)の最大トルクを吐き出す。最高出力の発生回転数は、5250-5500rpm 。最大トルクは1800-3500rpm という広い回転域で生み続けるから、どんな踏み方でもヌルルルッ………と余裕感たっぷりに走る。思い切り床まで踏み込み、目の前のブラックホールに吸い込まれるような加速をしても、まだまだ全力を振り絞っている実感がない。

乗り心地は、徹底して重厚かつフラットだ。基本的には驚くほど柔らかいのに、どんな速度や路面でも変わらない。まったく癖も渋さも感じさせないステアリングの手応えは、精妙そのもの。コーナーめがけて切り込むというより、行きたい方に気持ちを向けただけで、まったく適切に操作している自分を発見する。
いろいろ装備満載にもかかわらず、ダッシュボードやコンソールのスイッチ類は要領よく配置され、操作に慣れるまで時間はかからない。これらを総合した結果として、初心者でもベテランでも、知らず知らず同じように走れてしまう。極端に言うと、「同じようにしか走れない」のだが、そこにこそ、新型Sクラスに込めたメーカーからのメッセージが読み取れる。

リアビュー。リアエンドに向かってなだらかに下がるシルエットや、サイドのキャラクターラインが、デザイン上の特徴となっている。
リアビュー。リアエンドに向かってなだらかに下がるシルエットや、サイドのキャラクターラインが、デザイン上の特徴となっている。

メルセデス・ベンツS550ロング(FR/7AT)【試乗記】の画像
ツインターボで過給される4.7リッターV8エンジンは、455psと71.3kgmを発生。アイドリングストップ機能も備わる。
ツインターボで過給される4.7リッターV8エンジンは、455psと71.3kgmを発生。アイドリングストップ機能も備わる。
インテリアの様子。2本スポークのステアリングホイールやインストゥルメントパネルが織りなす水平ラインが、ぐるりと乗員を取り囲む。
インテリアの様子。2本スポークのステアリングホイールやインストゥルメントパネルが織りなす水平ラインが、ぐるりと乗員を取り囲む。
フロントの左右座席間には、カーナビ/オーディオの操作や車両のセッティングを行うためのスイッチ類が、整然と並ぶ。
フロントの左右座席間には、カーナビ/オーディオの操作や車両のセッティングを行うためのスイッチ類が、整然と並ぶ。
関連記事 ホームへ戻る