ランドローバー・レンジローバー スポーツSE(4WD/8AT)/レンジローバー スポーツ オートバイオグラフィー ダイナミック(4WD/8AT)

オンでもオフでもスポーツカー 2013.12.19 試乗記 新型「レンジローバー スポーツ」が日本に上陸。ランドローバー史上最もダイナミックとうたわれるその走りを、冬の箱根で試した。

名は体を表す

新型「レンジローバー スポーツ」は、本当にレンジローバー スポーツになった。スポーティーなのだ。飛ばして楽しいレンジローバー。多少コンパクトで、多少軽いので「レンジローバー」よりも速い。そして、レンジローバーよりグッドルッキングだと感じる人もいるのでは? 僕はそう感じた。

いきなりだがエンジンの話。すでにジャガーの「XF」や「XJ」、レンジローバーに用いられる3リッターV6スーパーチャージドユニットが、レンジ スポーツに搭載された。これが非常にパワフルなエンジンで、他ブランドにも大人気のZF製8HP70(エンジン縦置き用8段AT)と組み合わせられることによって、軽い方でも2トンを超えるこのクルマを十分以上に速く走らせる。

このV6は日本や北米の一部など、既存のディーゼルユニットを使えない地域のために開発されたエンジンだ。高級サルーンやSUVのガソリンエンジンは、ベースモデルや中間モデルにはV6、上級モデルにはV8を使うのが一般的だが、これまでランドローバーはちょうどいいV6エンジンをもたなかったため、ベース~中間モデルにもV8を用い、スーパーチャージャーの有無によって上級モデルとの差別化を図っていた。そのため、ベース~中間モデルは5リッターV8搭載車としては安く値付けされていて、それはそれでお買い得だったのだが、総合的に考えると新しいV6エンジンのほうがいろいろとスマート。結論から言うとモデルチェンジですごくよくなったと思うので、もう少し詳しく報告したい。

「レンジローバー スポーツ」は、よりオンロードでの走行性能を重視したレンジローバーとして2005年に登場。初代が「ディスカバリー4」のプラットフォームをベースにしていたのに対し、新型は「レンジローバー」と同じくモノコックボディーを採用している。
最高出力340psを発生するスーパーチャージャー付き3リッターV6エンジン。仕向け地によっては、3リッターと4.4リッターのディーゼルエンジンも設定されている。
「SE」のインストゥルメントパネル。水平と垂直のラインで構成されるデザインはレンジローバーの伝統。
「SE」のフロントシート。オプションで「オックスフォード・パーフォレイテド・レザーシート」も用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー スポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル HSEダイナミック【試乗記】 2016.11.1 試乗記 「レンジローバー イヴォーク」にソフトトップを装備した「イヴォーク コンバーチブル」が登場。21秒で絶景を得られるフル4シーターオープンで街中を流す気分とは? 海風香る横浜で試乗した。 
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
ホームへ戻る