ランドローバー・レンジローバー スポーツSE(4WD/8AT)/レンジローバー スポーツ オートバイオグラフィー ダイナミック(4WD/8AT)

オンでもオフでもスポーツカー 2013.12.19 試乗記 新型「レンジローバー スポーツ」が日本に上陸。ランドローバー史上最もダイナミックとうたわれるその走りを、冬の箱根で試した。

名は体を表す

新型「レンジローバー スポーツ」は、本当にレンジローバー スポーツになった。スポーティーなのだ。飛ばして楽しいレンジローバー。多少コンパクトで、多少軽いので「レンジローバー」よりも速い。そして、レンジローバーよりグッドルッキングだと感じる人もいるのでは? 僕はそう感じた。

いきなりだがエンジンの話。すでにジャガーの「XF」や「XJ」、レンジローバーに用いられる3リッターV6スーパーチャージドユニットが、レンジ スポーツに搭載された。これが非常にパワフルなエンジンで、他ブランドにも大人気のZF製8HP70(エンジン縦置き用8段AT)と組み合わせられることによって、軽い方でも2トンを超えるこのクルマを十分以上に速く走らせる。

このV6は日本や北米の一部など、既存のディーゼルユニットを使えない地域のために開発されたエンジンだ。高級サルーンやSUVのガソリンエンジンは、ベースモデルや中間モデルにはV6、上級モデルにはV8を使うのが一般的だが、これまでランドローバーはちょうどいいV6エンジンをもたなかったため、ベース~中間モデルにもV8を用い、スーパーチャージャーの有無によって上級モデルとの差別化を図っていた。そのため、ベース~中間モデルは5リッターV8搭載車としては安く値付けされていて、それはそれでお買い得だったのだが、総合的に考えると新しいV6エンジンのほうがいろいろとスマート。結論から言うとモデルチェンジですごくよくなったと思うので、もう少し詳しく報告したい。

「レンジローバー スポーツ」は、よりオンロードでの走行性能を重視したレンジローバーとして2005年に登場。初代が「ディスカバリー4」のプラットフォームをベースにしていたのに対し、新型は「レンジローバー」と同じくモノコックボディーを採用している。
「レンジローバー スポーツ」は、よりオンロードでの走行性能を重視したレンジローバーとして2005年に登場。初代が「ディスカバリー4」のプラットフォームをベースにしていたのに対し、新型は「レンジローバー」と同じくモノコックボディーを採用している。
最高出力340psを発生するスーパーチャージャー付き3リッターV6エンジン。仕向け地によっては、3リッターと4.4リッターのディーゼルエンジンも設定されている。
最高出力340psを発生するスーパーチャージャー付き3リッターV6エンジン。仕向け地によっては、3リッターと4.4リッターのディーゼルエンジンも設定されている。
「SE」のインストゥルメントパネル。水平と垂直のラインで構成されるデザインはレンジローバーの伝統。
「SE」のインストゥルメントパネル。水平と垂直のラインで構成されるデザインはレンジローバーの伝統。
「SE」のフロントシート。オプションで「オックスフォード・パーフォレイテド・レザーシート」も用意される。
「SE」のフロントシート。オプションで「オックスフォード・パーフォレイテド・レザーシート」も用意される。
関連記事 ホームへ戻る