マツダ・アクセラ 開発者インタビュー

まずは理想を持て 2013.12.19 試乗記 マツダ
商品本部 主査

猿渡健一郎(さるわたり けんいちろう)さん

「“The Mazda”スポーツコンパクトの革新」をテーマに、デザイン、走り、カーコネクティビティーシステムと、話題満載の新型「アクセラ」。開発率いた猿渡主査に、アクセラに込めた思いを聞いた。

退屈なクルマは造らない

――「マツダは退屈なクルマは造らない」という主張を、最近マツダの発表会で耳にします。具体的にどういうことですか。

クルマというものは、実は乗る前から始まっています。どんなに疲れている時でも、そのクルマを見た瞬間、心にポッと火がついて、「あ、走りに行こう」と思わせることが大事。新型「アクセラ」では、見た瞬間にいきなり元気になるような、躍動感に満ちたデザインを心がけました。
また、今回は「センスがいい」ということにすごくこだわっていて、ドライバーがシートに着いた時、「これは退屈だ」と思われるデザインにしたくはありませんでした。通常、インテリアのクオリティーを上げようとしたら、全面をシルバーやピアノブラックにしてしまうこともあるのですが、長い期間乗っていただくことを考えたら、それではきっと飽きてしまう。そこで、シルバーと黒のコントラストを大切にするとか、赤いステッチを入れるとか、「作り込まれた感じ」を大事にしました。

――走りについてはどうですか。

われわれは「意のままに」と表現しています。例えば、ドライバーが(角度で)2度曲がりたいと思ってステアリングを切ると、クルマがきっちり2度曲がる。さらにもう2度曲がりたいと思ってステアリングを切れば、さらに2度曲がる。ドライバーにとって、これはとても気持ちがいいことでしょう。
ところが、2度曲がろうと思ってステアリングを切ったら4度曲がってしまうようでは、意のままにならないどころか、ストレスにすらなる。そういう動きをなくそうというのが基本姿勢です。

<プロフィール>
1987年マツダ入社。パワートレイン技術開発本部、パワートレイン開発センターを経て、1998年にマツダノースアメリカンオペレーションズ(MNAO)に出向。マツダに帰任後も、一貫してパワートレイン開発センターでエンジン開発に携わり、2009年に「アクセラ/Mazda3」(2代目の後期型)の担当主査を務めた。1965年生まれ。
「アクセラスポーツ20Sツーリング Lパッケージ」のインテリア。
「アクセラスポーツ20Sツーリング Lパッケージ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクセラセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る