メルセデス「Cクラス」に充実装備の特別仕様車

2013.12.17 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツC180エディションC」
「メルセデス・ベンツC180エディションC」

「メルセデス・ベンツCクラス」に専用デザイン&充実装備の特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は2013年12月17日、「メルセデス・ベンツCクラス」のセダンとステーションワゴンに特別仕様車「C180エディションC」を設定し、販売を開始した。

 
メルセデス「Cクラス」に充実装備の特別仕様車の画像

C180エディションCは、専用の内外装デザインや充実した装備などが特長の特別仕様車である。

エクステリアでは、アバンギャルドデザインのフロントグリルに専用ダークヘッドライトユニットを採用。足元には専用デザインの17インチ5スポークアルミホイールを装備している。

一方インテリアでは、ブルーとアルパカグレーのステッチ入りレザーARTICO/DINAMICA専用スポーツシートを装備。ステアリングやシフトノブ、ドアトリムにもアルパカグレーのステッチが施される。

また装備については、5つのミリ波レーダーセンサーと1つのカメラを用いた安全運転支援システム「レーダーセーフティーパッケージ」や、インテリジェントライトシステムなどからなる「アドバンストライトパッケージ」などを採用している。

ボディーカラーは「ポーラーホワイト」「ファイアオパール」「オブシディアンブラック」「イリジウムシルバー」の全4色。価格はセダンが434万円、ステーションワゴンが454万円となっている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る