クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW 428iクーペ ラグジュアリー(FR/8AT)

直球ド真ん中の二枚目 2013.12.23 試乗記 「3シリーズ」から独立し、新たに「4シリーズ」の名を冠した「BMW 428iクーペ」。ハンサムでダンディーなバイエルンの新しいクーペに試乗した。

古典的セオリーに忠実

BMWを見ていて感心するのは、「よくもまぁ、二枚目なクルマばかり出すものだ」ということ。BMWのニューモデルは、発売直後はちょっと違和感があっても、時がたち、目が慣れるに従って、カッコよく見えてくるのが不思議、というか、さすが。世界的に「トレンディー」(死語)の形容は、アウディに冠されるようになったが、「アウディ、ちょっとスカし過ぎじゃね?」という世の(古典的)クルマ好きも多い。BMWに対する彼らからの支持は、むしろより熱いものになっている、ような気がする。保守本流のメルセデスがちょっとよろめきがちなのがツマラナイところだが、うーん、最近のBMW、ホントにカッコいい……。

そんなリポーターの個人的な嗜好(しこう)を押しつけられても、と眉をひそめている読者の方もいらっしゃいましょう。でも、街なかで「BMW 4シリーズクーペ」を目にしたなら、きっと「オッ!」と思うはず。ご存じのように、バイエルンの新しいクーペは「3シリーズ」から独立し、「4シリーズ」の名が与えられた。「アウディA4クーペ」が、「A5」と呼ばれるようになったのと同じだ。

例えば試乗車の「428iクーペ ラグジュアリー」を「328iセダン ラグジュアリー」と比較すると、15mm長く、25mm幅広く、そして65mmも背が低くなった。いうまでもなく、「ワイド&ローはカッコいい」という古典的なセオリーにのっとっている。価格は、328i セダン ラグジュアリーが592万円。428i クーペ ラグジュアリーが646万円。クーペはぜいたく品だから、値段もお高い。これまた、古典的なセオリーに忠実である(当たり前)。ちなみに、ベースグレードで比較すると、3シリーズセダン:576万円、4シリーズクーペ:604万円となる。

 

BMW 428iクーペ ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大
「BMW 428iクーペ ラグジュアリー」の室内。「ラグジュアリー」を選択すると、インストゥルメントパネルやセンターコンソールなどにクロム装飾が施される。
「BMW 428iクーペ ラグジュアリー」の室内。「ラグジュアリー」を選択すると、インストゥルメントパネルやセンターコンソールなどにクロム装飾が施される。 拡大
テスト車にはオプションの「レーン・チェンジ・ウォーニング」(7万5000円)、「アクティブ・クルーズ・コントロール」(9万5000円)が装着されていた。
テスト車にはオプションの「レーン・チェンジ・ウォーニング」(7万5000円)、「アクティブ・クルーズ・コントロール」(9万5000円)が装着されていた。 拡大

 

BMW 428iクーペ ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大

ダンディーでハンサム

本国ではディーゼルモデルも用意される4シリーズクーペだが、日本でラインナップされるのは、大きく分けて2種類。4気筒の2リッターターボ(245ps、35.7kgm)搭載の428iクーペと、やはりターボで過給された3リッター直列6気筒(306ps、40.8kgm)を積む435iクーペである。それぞれ、ベースグレードに加え、アディショナルフィーを払うことで、「スポーツ」「ラグジュアリー」「Mスポーツ」と、3つの仕様から選べるようになっている。セダンで設定された「モダン」は省かれた。

428iクーペ ラグジュアリーの場合、ベースグレードと機関面の違いはないが、ホイールが18インチから19インチにアップし、繊細なマルチスポークタイプが与えられる。タイヤは、フロント:225/40R19、リア:255/35R19の、前後異サイズとなる。

外観は、キドニーグリル内のバーにクロムメッキが施され、サイドウィンドウまわり、フロントフェンダー後部のエアアウトレット「エア・ブリーザー」などにクロムモールが用いられて一層華やかな印象に。インテリアでは、シートがダコタレザーを用いたぜいたくなものになり(シートヒーター付き)、パネル類もマットシルバーからウッド基調の、よりラグジュアリーな見かけに変更される。全体に、直球ド真ん中、ダンディーで二枚目なクーペに仕上がっている。「自分がロマンスグレーの紳士だったらなぁ」と思わないでもないまでに。

これはクーペに限ったことではないのだが、現行3/4シリーズのデザインでひときわさえているのが、バンパーとボンネットの間にあえて隙間を作って、キドニーグリルの側面を“チラ見せ”しているところ。赤いボディーカラーに挟まれた金属の輝きがニクイ。

むろん、BMW車のスタイルの妙味は、FRらしい伸びやかなノーズと、リア寄りのマスを感じさせるキャビンとの組み合わせにあるわけだが、小さくリング状に点灯するポジションランプの使い方といい、バイエルンのハンサムカーメーカーは、小技にも長(た)けている。4シリーズクーペのフロントフェイスには、りゅうとビスポークのスーツで決めて、ポケットチーフをのぞかせるような、そんなイヤらしさがある。ほれる。

テスト車には「アダプティブLEDヘッドライト」(16万5000円)が装着されている。LEDヘッドライトのオプションは「3シリーズセダン」には用意されない。
テスト車には「アダプティブLEDヘッドライト」(16万5000円)が装着されている。LEDヘッドライトのオプションは「3シリーズセダン」には用意されない。
    拡大
搭載されるエンジンは、2リッター直4ターボ。245psと35.7kgmを発生する。
搭載されるエンジンは、2リッター直4ターボ。245psと35.7kgmを発生する。 拡大
装着されるタイヤのサイズは前が225/40R19、後ろが255/35R19となる。
装着されるタイヤのサイズは前が225/40R19、後ろが255/35R19となる。 拡大
「ラグジュアリー」にはフロントシートヒーター付きのダコタレザーシートが標準で装備される。
「ラグジュアリー」にはフロントシートヒーター付きのダコタレザーシートが標準で装備される。 拡大
後席は2人掛け。テスト車には後席が40:20:40の分割可倒式となるオプション「スルーローディング・システム」が装着されていた(標準では60:40の分割可倒式)。
後席は2人掛け。テスト車には後席が40:20:40の分割可倒式となるオプション「スルーローディング・システム」が装着されていた(標準では60:40の分割可倒式)。 拡大

BMW 428iクーペ ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大

有無を言わさない説得力

ドライバーズシートに座ると、スルスルと、後からプラスチックのアームがシートベルトを差し出してくれる。ドアの前後長が長いクーペならではの、お・も・て・な・し。優男(やさおとこ)は、“優しい男”と書くのだ。

運転者に向いたセンターコンソールはじめ、インパネまわりの様子は、いつもの通り。トンネルコンソールに設けられたiDriveは、ダイヤルのまわりに「MENU」「OPTION」「BACK」ほか7つもの物理的なボタンが配され、同システムが「7シリーズ」に初搭載された、登場当時の理論的なピュアさはなくなったが、使い勝手は向上している。

センターの高い位置に埋められたディスプレイは、8.8インチの大きなもの。ちょっと気になるのは、BMWは、タッチパネルを頑として認めていないことだ。液晶画面に指紋が残るのが、プレミアムブランドとして許せない、ということらしい。iDrive開発時は、今日、これほどまでにタッチパネルが普及するとは、想像していなかったのだろう。今後が気になるところ。

ドライブフィールは、街なか、高速道路とも、文句のつけようがない。パワフルで、頼りがいのある足まわりで、ハンドリングも胸のすくもの。かつては、シルキーな6気筒や、「ビン!」とスプリングではじかれるようなMTのシフトフィール(マニア向け)を特徴に挙げたものだが、昨今のBMWでは、圧倒的なボディーの剛性感が、有無を言わさない“プレミアムな”説得力を持つ。

聞くところによると、BMWは、開発陣から生産現場まで「ボディー剛性の重要さ」が浸透しているのだとか。体幹がしっかりしたうえに筋骨隆々だから、ラグジュアリーなクーペにして、その実力はあなどりがたい。428iのステアリングホイールを握りながら、「昔はポルシェに乗っていたこともあるけれど……」。そんなフレーズを口にする、初老のジェントルマンになってみたいものです。

(文=青木禎之/写真=田村 弥)


BMW 428iクーペ ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大
「iDriveコントローラー」には、指による文字入力や、地図の拡大/縮小が可能なタッチパッドが採用された。
「iDriveコントローラー」には、指による文字入力や、地図の拡大/縮小が可能なタッチパッドが採用された。 拡大
シートに着くと自動的にシートベルトがせり出す「電動シートベルト・ハンドオーバー」を採用する。
シートに着くと自動的にシートベルトがせり出す「電動シートベルト・ハンドオーバー」を採用する。 拡大
荷室の容量は445リッター。後席を倒すことで容量はさらに拡大される。(写真をクリックすると荷室アレンジが見られます)
荷室の容量は445リッター。後席を倒すことで容量はさらに拡大される。(写真をクリックすると荷室アレンジが見られます) 拡大

BMW 428iクーペ ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

BMW 428iクーペ ラグジュアリー

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4640×1825×1375mm
ホイールベース:2810mm
車重:1570kg
駆動方式:FR
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:245ps(180kW)/5000rpm
最大トルク:35.7kgm(350Nm)/1250-4800rpm
タイヤ:(前)225/40R19 89Y/(後)255/35R19 92Y(ブリヂストン・ポテンザS001 RFT<ランフラットタイヤ>)
燃費:15.2km/リッター(JC08モード)
価格:646万円/テスト車=721万2000円
オプション装備:バリアブル・スポーツ・ステアリング(4万2000円)/電動ガラス・サンルーフ(17万円)/リア・ウィンドウ・ローラー・ブラインド(4万8000円)/スルーローディング・システム(2万8000円)/アダプティブLEDヘッドライト(16万5000円)/レーン・チェンジ・ウォーニング(7万5000円)/アクティブ・クルーズ・コントロール(9万5000円)/パーキング・アシスト(4万9000円)/メタリック・ペイント(8万円)

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:2120km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(7)/山岳路(0)
テスト距離:226.4km
使用燃料:26.7リッター
参考燃費:8.5km/リッター(満タン法)/8.8km/リッター(車載燃費計計測値)

「BMW 428iクーペ ラグジュアリー」
「BMW 428iクーペ ラグジュアリー」 拡大

BMW 428iクーペ ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
4シリーズ クーペBMW試乗記

あなたにおすすめの記事