BMW 428iクーペ ラグジュアリー(FR/8AT)

直球ド真ん中の二枚目 2013.12.23 試乗記 「3シリーズ」から独立し、新たに「4シリーズ」の名を冠した「BMW 428iクーペ」。ハンサムでダンディーなバイエルンの新しいクーペに試乗した。

古典的セオリーに忠実

BMWを見ていて感心するのは、「よくもまぁ、二枚目なクルマばかり出すものだ」ということ。BMWのニューモデルは、発売直後はちょっと違和感があっても、時がたち、目が慣れるに従って、カッコよく見えてくるのが不思議、というか、さすが。世界的に「トレンディー」(死語)の形容は、アウディに冠されるようになったが、「アウディ、ちょっとスカし過ぎじゃね?」という世の(古典的)クルマ好きも多い。BMWに対する彼らからの支持は、むしろより熱いものになっている、ような気がする。保守本流のメルセデスがちょっとよろめきがちなのがツマラナイところだが、うーん、最近のBMW、ホントにカッコいい……。

そんなリポーターの個人的な嗜好(しこう)を押しつけられても、と眉をひそめている読者の方もいらっしゃいましょう。でも、街なかで「BMW 4シリーズクーペ」を目にしたなら、きっと「オッ!」と思うはず。ご存じのように、バイエルンの新しいクーペは「3シリーズ」から独立し、「4シリーズ」の名が与えられた。「アウディA4クーペ」が、「A5」と呼ばれるようになったのと同じだ。

例えば試乗車の「428iクーペ ラグジュアリー」を「328iセダン ラグジュアリー」と比較すると、15mm長く、25mm幅広く、そして65mmも背が低くなった。いうまでもなく、「ワイド&ローはカッコいい」という古典的なセオリーにのっとっている。価格は、328i セダン ラグジュアリーが592万円。428i クーペ ラグジュアリーが646万円。クーペはぜいたく品だから、値段もお高い。これまた、古典的なセオリーに忠実である(当たり前)。ちなみに、ベースグレードで比較すると、3シリーズセダン:576万円、4シリーズクーペ:604万円となる。

 

BMW 428iクーペ ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】の画像
「BMW 428iクーペ ラグジュアリー」の室内。「ラグジュアリー」を選択すると、インストゥルメントパネルやセンターコンソールなどにクロム装飾が施される。
「BMW 428iクーペ ラグジュアリー」の室内。「ラグジュアリー」を選択すると、インストゥルメントパネルやセンターコンソールなどにクロム装飾が施される。
テスト車にはオプションの「レーン・チェンジ・ウォーニング」(7万5000円)、「アクティブ・クルーズ・コントロール」(9万5000円)が装着されていた。
テスト車にはオプションの「レーン・チェンジ・ウォーニング」(7万5000円)、「アクティブ・クルーズ・コントロール」(9万5000円)が装着されていた。

 

BMW 428iクーペ ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • 「BMW M2クーペ」に6段MT仕様が登場 2016.10.25 自動車ニュース BMWが3リッター直6ターボエンジンを搭載した高性能スポーツクーペ「M2クーペ」に6段MT仕様を設定し、予約受け付けを開始した。価格は7段デュアルクラッチAT仕様より25万円低い768万円。納車については2017年1月からの予定となっている。
  • 「BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」がマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グランクーペ」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。最新モデルでは、エクステリアが大幅にリフレッシュされている。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る