BMW 428iクーペ ラグジュアリー(FR/8AT)

直球ド真ん中の二枚目 2013.12.23 試乗記 「3シリーズ」から独立し、新たに「4シリーズ」の名を冠した「BMW 428iクーペ」。ハンサムでダンディーなバイエルンの新しいクーペに試乗した。

古典的セオリーに忠実

BMWを見ていて感心するのは、「よくもまぁ、二枚目なクルマばかり出すものだ」ということ。BMWのニューモデルは、発売直後はちょっと違和感があっても、時がたち、目が慣れるに従って、カッコよく見えてくるのが不思議、というか、さすが。世界的に「トレンディー」(死語)の形容は、アウディに冠されるようになったが、「アウディ、ちょっとスカし過ぎじゃね?」という世の(古典的)クルマ好きも多い。BMWに対する彼らからの支持は、むしろより熱いものになっている、ような気がする。保守本流のメルセデスがちょっとよろめきがちなのがツマラナイところだが、うーん、最近のBMW、ホントにカッコいい……。

そんなリポーターの個人的な嗜好(しこう)を押しつけられても、と眉をひそめている読者の方もいらっしゃいましょう。でも、街なかで「BMW 4シリーズクーペ」を目にしたなら、きっと「オッ!」と思うはず。ご存じのように、バイエルンの新しいクーペは「3シリーズ」から独立し、「4シリーズ」の名が与えられた。「アウディA4クーペ」が、「A5」と呼ばれるようになったのと同じだ。

例えば試乗車の「428iクーペ ラグジュアリー」を「328iセダン ラグジュアリー」と比較すると、15mm長く、25mm幅広く、そして65mmも背が低くなった。いうまでもなく、「ワイド&ローはカッコいい」という古典的なセオリーにのっとっている。価格は、328i セダン ラグジュアリーが592万円。428i クーペ ラグジュアリーが646万円。クーペはぜいたく品だから、値段もお高い。これまた、古典的なセオリーに忠実である(当たり前)。ちなみに、ベースグレードで比較すると、3シリーズセダン:576万円、4シリーズクーペ:604万円となる。

 

BMW 428iクーペ ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】の画像
「BMW 428iクーペ ラグジュアリー」の室内。「ラグジュアリー」を選択すると、インストゥルメントパネルやセンターコンソールなどにクロム装飾が施される。
「BMW 428iクーペ ラグジュアリー」の室内。「ラグジュアリー」を選択すると、インストゥルメントパネルやセンターコンソールなどにクロム装飾が施される。
テスト車にはオプションの「レーン・チェンジ・ウォーニング」(7万5000円)、「アクティブ・クルーズ・コントロール」(9万5000円)が装着されていた。
テスト車にはオプションの「レーン・チェンジ・ウォーニング」(7万5000円)、「アクティブ・クルーズ・コントロール」(9万5000円)が装着されていた。

 

BMW 428iクーペ ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

4シリーズ クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る