トーヨーから新たなミニバン用タイヤが登場

2013.12.18 自動車ニュース
「トーヨー・トランパスmpZ」と、その展示用装着車。

トーヨーから新たなミニバン用タイヤが登場

東洋ゴム工業は2013年12月18日、ミニバン用タイヤ「TRANPATH(トランパス)」シリーズの新製品「TRANPATH mpZ(トランパス・エムピーゼット)」を発表した。2014年2月14日に発売する。


 

当日は、「mpZ」以外に、高級ミニバン用タイヤ「LuII」、軽自動車用プレミアムタイヤ「LuK」も同時発表された。傍らに立つのは、東洋ゴム工業の信木 明社長。
「トランパスmpZ」のトレッドパターン。アウト側(写真左側)とイン側、両サイドのブロックを大きくすることで剛性をアップ、偏摩耗を抑制するという。
発表会の様子。壇上は、新商品について説明するタイヤ技術第一部の水谷 保氏。

トーヨーの「トランパスmp」シリーズは、ミニバンでの使用を前提に開発された専用タイヤ。今回発売される「mpZ」は、1995年に誕生した初代モデル「mp」から数えて、6代目にあたる。

同社によれば、ハイブリッドモデルの普及などで、ミニバンの車重は年々増加する傾向にあり、タイヤに要求される負荷も増大しているとのこと。その点mpZでは、「走行中のふらつきの低減」「耐摩耗性の向上」を実現したうえで、「環境性能と安全性能のレベルアップ」も図られているという。

技術的には、「スーパーハイターンアップ構造」と呼ばれる、タイヤ両サイドの剛性を上げるための構造設計や、偏摩耗を抑える新たなトレッドパターンなどが見どころ。「耐摩耗ポリマー」「ウルトラグリップポリマー」といった新素材の採用を含め、新たなコンパウンドを開発したことにより、従来モデルより27%増しのロングライフを実現しつつ、優れたウエット性能を確保したとされる。

サイズは165/70R14 81Hから225/45R18 95Wまでの全39種類。価格はオープンプライスとなっている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。