高級ミニバン用タイヤ「トランパスLuII」発売へ

2013.12.18 自動車ニュース
「トーヨー・トランパスLuII」と、その展示用装着車。
「トーヨー・トランパスLuII」と、その展示用装着車。

高級ミニバン用タイヤ「トーヨー・トランパスLuII」登場

東洋ゴム工業は2013年12月18日、ミニバン用タイヤ「TRANPATH(トランパス)」シリーズの新製品「TRANPATH LuII(トランパス・エルユーツー)」を発表。2014年1月14日に発売する。

「トランパスLuII」のトレッド面。パターンブロックの、サイズの組み合わせを工夫することで音を分散。パターンノイズを低減した。
「トランパスLuII」のトレッド面。パターンブロックの、サイズの組み合わせを工夫することで音を分散。パターンノイズを低減した。
発表会のスライドから。コンパウンドや補強材も、ノイズ低減に貢献しているという。
発表会のスライドから。コンパウンドや補強材も、ノイズ低減に貢献しているという。

今回発売される「トーヨー・トランパスLuII」は、「トヨタ・アルファード」や「日産エルグランド」といった高級ミニバン用に開発された新タイヤ。1995年から同じカテゴリーの商品として扱われていた「Lu」の後継にあたる、久々のニューモデルである。

セリングポイントとなるのは、「走りのしっかり感」と「上質な静粛性および快適性」。
パターンブロックの大きさの組み合わせを最適化することで、走行時にタイヤが発する音を分散。「パターンノイズ」を低減した。また、同時に発表されたミニバン用タイヤ「トランパスmpZ」と同様、サイド部の剛性アップや偏摩耗の抑制、コンパウンド改質によるロングライフ化も図られている。

サイズは215/65R16 98Vから255/35R20 97Wまでの全10種類で、いずれも、タイヤラベリング制度における転がり抵抗性能は「A」、ウエットグリップ性能は「b」となる。価格はオープンプライスで扱われる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。