早くも「レヴォーグ」のカスタムカーが登場【東京オートサロン2014】

2013.12.19 自動車ニュース
東京オートサロンに出展する、スバルのブースのイメージ。
東京オートサロンに出展する、スバルのブースのイメージ。

【東京オートサロン2014】早くも「スバル・レヴォーグ」のカスタマイズカーが登場

富士重工業は2013年12月19日、千葉県の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2014 with NAPAC」(開催期間:2014年1月10日~12日)の出展概要を発表した。

 

それによると、スバルは2013年の東京モーターショーで発表した新型車「レヴォーグ」のカスタマイズモデルを5台出展するとしている。

このうち、「レヴォーグ プレミアムスポーツコンセプト」は、レヴォーグの質感の高さや仕立てのよさをより協調したもの。アルミホイールやボルドー色を配したインテリアアイテムなど、同車専用の純正アクセサリーを装着する。また「レヴォーグ STIパフォーマンス コンセプト」は、STIが提唱する「強靭(きょうじん)でしなやかな走り」を目指したもので、アンダースポイラーやフレキシブルタワーバーなど、STIのオリジナルスポーツパーツを装備している。

このほかにも、ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車の世界初公開や、SUPER GTに参戦する「スバルBRZ GT300」などの展示を予定している。

(webCG)


 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。