マツダ・キャロル エコが35.0km/リッター達成

2013.12.19 自動車ニュース
「マツダ・キャロル エコ」
「マツダ・キャロル エコ」

「マツダ・キャロル エコ」が燃費35.0km/リッターを達成

マツダは2013年12月19日、軽乗用車「キャロル エコ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 
マツダ・キャロル エコが35.0km/リッター達成の画像
 
マツダ・キャロル エコが35.0km/リッター達成の画像

キャロル エコは、マツダがスズキからOEM供給を受けて販売している「スズキ・アルト エコ」の姉妹モデルである。

今回の改良は、2013年11月に実施されたアルト エコの一部改良に準じたもので、燃費を改善するためにエンジンやパワートレインに手が加えられた。

具体的には、ピストン形状改良により燃焼効率を改善したほか、圧縮比を11.0から11.2に向上させた。また、新開発のエンジンオイルの採用やエンジンオイルポンプ変更により、摩擦抵抗を低減。エンジン制御やCVTの変速制御の見直しを行った。

これらの改良により、燃費はFF車で33.0km/リッターから35.0km/リッターに、4WD車で30.4km/リッターから32.0km/リッターに改善した(JC08モード)。

このほかにも、エンジンの始動直後はCVTクーラーへのエンジン冷却水の流れを遮断することで、ヒーターがきき始めるまでの時間を短縮。ボディーカラーには新たに「シャンパンピンクパールメタリック」「フェニックスレッドパール」を採用した。

価格は、「ECO-L」が84万9450円、「ECO-X」のFF車が98万5950円、同4WD車が108万5700円。

(webCG)
 

関連キーワード:
キャロルマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ、「ラピュタ」「AZワゴン」に新卒者向け特装車を設定 2000.2.8 自動車ニュース マツダは、軽自動車「ラピュタ」「AZ‐ワゴン」に新卒者を中心とした若者向けの特別仕様車「ポッパー」を設定、2月1日より発売した。「ラピュタX ポッパー」(写真上)は、実用装備が充実している最量販機種「X」をベースに、専用のアルミホイール、ルーフエンドスポイラー、マフラーカッターを装着してスポーティな外観としたもの。さらに、人気の高いAM/FMラジオ付CDプレーヤー&カセットステレオや本革巻ステアリングホイール、専用メーターパネルなどを装備。より質感の高い内装としている。価格はベース車から6.0万円高(2WD車)で112.3万円からとなる。「AZ‐ワゴンRR-FSターボ ポッパー」(写真下)は、スポーティな外観の「RR-F ターボ」 (コラム式4AT車)をベースに、若者に人気のAM/FMラジオ付CDプレーヤー&カセットステレオを装備。加えて、新デザインのアルミホイールやシート生地など専用装備を追加して、よりスタイリッシュな内外装としたという。価格は、ベース車よりも6.8万円(2WD車)引き下げて127.2万円から。お買い得感あるモデルとしている。 軽自動車の新車販売が依然として好調です。4日に発表されたデータによると、今年1月の新車販売台数は前年同月比1.8パーセント増で12万5358台。2ヶ月連続で前年実績を上回り、1月としては過去最高を記録しているそうです。価格の面(たとえばトヨタ「ヴィッツ」の廉価グレードで115.3万円)でもサイズの面でも、軽と普通車に大差はなくなりましたが、税制面、保険料など維持費を考えると、軽自動車はとても経済性に富んだ乗り物になります。不況下で売れている理由はここにあるのでしょう。(WebCG 有吉)
  • トヨタ、「プリウスPHV」にサポカーS ワイドの特別仕様車を設定 2017.12.25 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年12月25日、「プリウスPHV」に特別仕様車「S“Safety Plus”」「S“ナビパッケージ・Safety Plus”」「A“Utility Plus”」を設定し、2018年1月8日に発売すると発表した。
  • 新型ジムニーはやっぱり硬派路線 1998.10.8 自動車ニュース スズキは軽の新規格に適応した新型「ジムニー」を1998年10月7日に発売した。ジムニー・ワイドをベースに作られたものだ。
  • 三菱自動車、“ナイトショールーム”をオープン 2018.1.9 自動車ニュース 三菱自動車は2018年1月9日、自宅にいながらインターネット上で新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」のショールーム体験ができる「NIGHT SHOWROOM(ナイトショールーム)」を開催すると発表した。開催は1月9日から。
  • プジョーからお値段199万円の「208」が再登場 2018.1.5 自動車ニュース プジョーが、2017年に240台限定で販売した「208ファーストセレクション」の再販を開始。「208スタイル」(6AT)をベースにバックソナー、レザーステアリング、スーパーティンテッドガラスを簡素化したもので、199万円という戦略的な価格を実現している。
ホームへ戻る