三菱が新型軽「eKスペース」の受注を開始

2013.12.20 自動車ニュース
「三菱eKスペース」
「三菱eKスペース」

三菱が新型軽乗用車「eKスペース」の予約受付を開始

三菱自動車は2013年12月20日、トールワゴンタイプの新型軽乗用車「eKスペース」の予約受付を開始した。

「eKスペース カスタム」
「eKスペース カスタム」

eKスペースは、2013年6月に登場した「eKワゴン」に続く、新型eKシリーズの第2弾にあたるモデルで、同年の東京モーターショーで実車が公開された。「快適」「便利」「安心」をキーワードに、これまでの軽自動車を超える広く快適な居住空間、運転のしやすさ、使い勝手、品質感を高いレベルで実現しているという。

また、標準モデルのeKスペースに加え、ドレスアップモデルの「eKスペース カスタム」も設定。eKスペース カスタムにはターボエンジン搭載車もラインナップしている。

価格は約120万円からであることが明らかにされているが、各モデルの価格は未発表。

(webCG)
 

関連記事 ホームへ戻る