「スバル・フォレスター」にはっ水シートの特別仕様車

2013.12.25 自動車ニュース
「スバル・フォレスターX-BREAK(エックスブレイク)」
「スバル・フォレスターX-BREAK(エックスブレイク)」

「スバル・フォレスター」にはっ水シートの特別仕様車

富士重工業は2013年12月24日、SUV「スバル・フォレスター」の特別仕様車「X-BREAK(エックスブレイク)」を発表し、販売を開始した。

今回の特別仕様車は、「2.0i-L EyeSight」をベースに、はっ水ファブリックシートやはっ水カーゴフロアボードなど、ウインタースポーツやアウトドアでの使い勝手を高める特別装備を採用したものである。

デザインの一部にも手を加えており、エクステリアには専用の17インチアルミホイールやルーフレールを装備。一方インテリアには、シートやドアアームレストなどにオレンジステッチを施している。

具体的な仕様・装備は以下の通り。
・17インチアルミホイール(ダークシルバー塗装+切削光輝)
・シルバールーフレール
・はっ水ファブリックシート(サイド:合成皮革、オレンジステッチ)
・はっ水カーゴフロアボード(ラゲッジスムーザー機能付き)
・カーボン調加飾パネル
・本革巻きステアリングホイール(オレンジステッチ)
・本革巻きセレクトレバー(ピアノブラック調加飾パネル+シフトブーツ<オレンジステッチ>)
・ドアアームレスト(オレンジステッチ)
・スライド機構付きコンソールリッド(表皮:合成皮革)

ボディーカラーには専用色のクォーツブルー・パールを含む全8色を用意。価格は261万4500円となっている。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
ホームへ戻る