「スバル・フォレスター」にはっ水シートの特別仕様車

2013.12.25 自動車ニュース
「スバル・フォレスターX-BREAK(エックスブレイク)」
「スバル・フォレスターX-BREAK(エックスブレイク)」

「スバル・フォレスター」にはっ水シートの特別仕様車

富士重工業は2013年12月24日、SUV「スバル・フォレスター」の特別仕様車「X-BREAK(エックスブレイク)」を発表し、販売を開始した。

今回の特別仕様車は、「2.0i-L EyeSight」をベースに、はっ水ファブリックシートやはっ水カーゴフロアボードなど、ウインタースポーツやアウトドアでの使い勝手を高める特別装備を採用したものである。

デザインの一部にも手を加えており、エクステリアには専用の17インチアルミホイールやルーフレールを装備。一方インテリアには、シートやドアアームレストなどにオレンジステッチを施している。

具体的な仕様・装備は以下の通り。
・17インチアルミホイール(ダークシルバー塗装+切削光輝)
・シルバールーフレール
・はっ水ファブリックシート(サイド:合成皮革、オレンジステッチ)
・はっ水カーゴフロアボード(ラゲッジスムーザー機能付き)
・カーボン調加飾パネル
・本革巻きステアリングホイール(オレンジステッチ)
・本革巻きセレクトレバー(ピアノブラック調加飾パネル+シフトブーツ<オレンジステッチ>)
・ドアアームレスト(オレンジステッチ)
・スライド機構付きコンソールリッド(表皮:合成皮革)

ボディーカラーには専用色のクォーツブルー・パールを含む全8色を用意。価格は261万4500円となっている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
ホームへ戻る