第216回:もうフラフラしない!? 最新「トーヨー・トランパス」シリーズを試す

2013.12.26 エッセイ

2014年の1月から3月にかけてぞくぞく発売される、トーヨータイヤの新商品。そのポイントは? 実際の運転感覚は? 従来モデルとの比較も含め、報告する。

キーワードは「しっかり」

2013年12月にトーヨータイヤが一挙に発表した、3種類の最新アイテムを、サーキットコースと一般路でテストした。
「mpZ」「LuII」「LuK」という、いずれも「トランパス」シリーズに属するニューモデルだ。“ミニバン専用タイヤ”として1995年に立ち上げられたこのブランドが間もなく20年を迎えようというタイミングで、「これまでのノウハウを生かし、さらなる環境性能と安全性能の両立を図りながら、“しっかり走れる”をキーワードに開発した」というのが、これらのニュータイヤである。

14インチから18インチまでの間に全39サイズと、3種の中でもっともワイドな品ぞろえを見せるのが、初代から続く「トランパスmp」シリーズの6代目最新作となるトランパスmpZだ。ひとことで言えば、その最大の狙いどころは、より高度な操縦安定性にある。

そもそもミニバンは、全高や重心高の高さ、重量の大きさなどから、セダンやステーションワゴンに比べ、走行時にふらつく傾向が強まる。さらに近年では、装備の充実やハイブリッドシステムの搭載などが進んで重量増が加速している。一方で、装着されるタイヤのサイズには大きな変化がないため、タイヤの負担は増えるばかり。そんな現状を見据えて、開発が行われたという。

開発のコンセプトはまず、“タイヤの顔”たるトレッドパターンに見てとれる。2011年にデビューした先代モデル「mpF」に対し、周方向の主溝を1本減らして3本に。加えて、同サイズ内でのトレッド幅も広げることで接地面積そのものを増加させ、さらに非対称パターンのアウト側ブロックを大きくし、剛性を上げつつグリップ力を高める工夫が施されている。

今回テストした、3種類の「トーヨー・トランパス」。左から、軽自動車用の「LuK」、高級ミニバン用の「LuII」。一般ミニバン用の「mpZ」。
会場となったサーキット「袖ケ浦フォレスト・レースウェイ」には、テスト用タイヤを装着した、国内外のミニバンと軽乗用車が並んだ。
「トランパスmpZ」のトレッド面。アウト側(写真右側)ブロックを大きくするなど、パターンの工夫によりコーナリング中のふらつきを低減したという。
「mpZ」の装着イメージ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ