第328回:フツーのマンマの、フツーの「パンダ」

2013.12.27 エッセイ

パンダ人気はダントツ!

イタリアにおける2013年1月から11月までの新車登録台数トップスリーを見ると、3位は「ランチア・イプシロン」の4万2884台、2位は「フィアット・プント」の6万292台だ。そしてダントツのトップは「フィアット・パンダ」の9万4828台である。

今イタリアでは、経済の低迷、未曽有の燃料代高騰、そして厳しい税務調査の影響で、高級車からコンパクトカーに乗り換える人が増えている。2013年10月に22%へと引き上げられた付加価値税も、コンパクトカーへのシフトを後押ししている。

パンダに関していえば、昔も今もイタリアの国民車的存在であることは、これまでも幾度か記したとおりだ。
今回ここに紹介するジョヴァンナさん(70代)も、パンダオーナーである。マンマ(お母さん)として2人の子どもを育てあげ、今は娘の店を手伝っている。

シエナ県・人口十数名の小さな村に、その「フィアット・パンダ」はたたずんでいた。
シエナ県・人口十数名の小さな村に、その「フィアット・パンダ」はたたずんでいた。
オーナーのジョヴァンナさん。
オーナーのジョヴァンナさん。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。