緊急自動ブレーキを装備した「日産ノート」登場

2013.12.26 自動車ニュース
「日産ノート」
「日産ノート」

緊急自動ブレーキを装備した「日産ノート」登場

日産自動車は2013年12月25日、コンパクトカー「ノート」をマイナーチェンジし、販売を開始した。


緊急自動ブレーキを装備した「日産ノート」登場の画像
「ノート メダリスト」
「ノート メダリスト」
「ノート メダリスト」のインテリア。
「ノート メダリスト」のインテリア。

今回のマイナーチェンジでは、「S」と「S DIG-S」を除く全グレードをベースに、「エマージェンシーブレーキ パッケージ」を装着した新グレードを設定した。

「エマージェンシーブレーキ」とはモノラルカメラを利用した衝突回避支援システムで、衝突の危険を検知すると緊急ブレーキを作動させて衝突を回避、もしくは衝突被害を軽減する。また、このパッケージにはLDW(車線逸脱警報)、VDC(ビーグルダイナミクスコントロール)も標準で装備される。
さらに、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる事故を予防する「踏み間違い衝突防止アシスト」もオプションで用意される。

このほかにも、「アラウンドビューモニター」に車両周辺の移動物を検知する「MOD(移動物検知)」機能を追加。また最上級グレード「MEDALIST(メダリスト)」の内外装デザインを一部変更した。外装では、フォグランプを標準装備としたほか、専用色のフロントグリルやフロントメッキバンパーロワグリルフィニッシャー、専用デザインの15インチアルミホイール、「MEDALIST」エンブレムなどを採用。内装では、シート地の色味と織り模様を変更している。

ボディーカラーは「シャイニングブルー」と「ナデシコピンク」の2色を追加した全10色をラインナップ。価格は124万9500円~179万9700円となっている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「日産ノート」にハイブリッド車の「e-POWER」が登場 2016.11.2 自動車ニュース 日産がコンパクトカー「ノート」をマイナーチェンジ。新たにハイブリッド車の「e-POWER」を設定した。e-POWERはエンジンが発電した電気によってモーターを駆動する、シリーズハイブリッドシステムであり、最高で37.2km/リッターの燃費を実現している。
  • 「日産ノート」に上質な内外装のカスタマイズモデル「モード・プレミア」登場 2016.11.2 自動車ニュース オーテックジャパンが、日産のコンパクトカー「ノート」の新しいカスタマイズモデル「モード・プレミア」を12月に発売すると発表。高級感を重視した特別な内外装が特徴で、オプションで運動性能を高める「ツーリングパッケージ」も用意されている。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • 日産ノート MEDALIST(FF/CVT)【試乗記】 2012.11.27 試乗記 日産ノート MEDALIST(FF/CVT)
    ……184万2750円

    燃費性能と使い勝手のよさをウリとする新型「日産ノート」。実際の燃費は? 走りや乗り心地は? 上級グレード「MEDALIST(メダリスト)」で試した。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る