第2回:北の大地をボルボで駆ける

象徴的なボルボ 2013.12.27 特集 スタイル自慢の「ボルボV40」シリーズの中でも、とりわけ印象的な「V40クロスカントリー」。では、走りの質はどうなのか? 雪景色の北海道で試した。

ワイルドなイケメン

編集部から「冬の北海道でボルボに試乗しませんか?」とのオファー。いつもならふたつ返事で引き受けるところだが、スノードライブにいまひとつ自信のない私は少し躊躇(ちゅうちょ)した。でも、「クルマは『V40クロスカントリー』です」と聞いて、すぐに不安は解消。北海道でのテストドライブが待ち遠しくなった。

「クロスカントリー」という名前からして、いかにも悪路や雪道に強そうなクルマであるが、同社の「XC60」や「XC90」のようなSUVとは異なり、「V40」をSUVスタイルに仕立て上げた“クロスオーバー”というのがこのクルマの位置づけ。そう書くと、V40クロスカントリーがなんだか頼りなく思えるかもしれないが、実際はその反対で、内容を知れば知るほどこのクルマの魅力が見えてくる。

まずはエクステリア。スタイリッシュなデザインで人気を集めることになったV40だが、このV40クロスカントリーにはワイルドさが加わっている。例えば、フロントバンパーは、クロスカントリー専用にハニカムメッシュグリルが与えられただけでなく、バンパー形状そのものが見直されていて、力強い印象を与えているし、「CROSS COUNTRY」の文字が刻まれたリアバンパーや専用のルーフレール、標準モデルより30mm高められた全高が、このクルマの存在感を高めている。なかなかの男前である。

それ以上に注目したいのは、V40クロスカントリーの中身だ。

日本では2013年5月に発売された「V40クロスカントリー T5 AWD」。コンパクトハッチバック「V40」をベースに、アウトドアテイストを加えたエクステリアが特徴的。
インテリアの様子。「カッパードーンアルミニウム・パネル」と呼ばれる赤銅色のセンターパネル(写真)は、ほかにも、ウッドやアルミなど3タイプが用意される。
フロントまわりは、ブラックのバンパーやハニカムメッシュのグリルが、標準の「V40」との相違点。
「CROSS COUNTRY」のロゴが添えられる、専用デザインのリアスキッドプレート。タフなイメージを演出するだけでなく、車体防護の役割も果たすという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40クロスカントリーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る