トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ”(FF/CVT)/ハリアーハイブリッド プレミアム プロトタイプ(4WD/CVT)

正常進化したパイオニア 2013.12.27 試乗記 高級クロスオーバーSUVというジャンルを切り開いた「ハリアー」の3代目がデビューした。国内市場専用モデルとなったニューモデルの魅力を探った。

トヨタの地力を感じる

これはコロンブスの卵なのである。だれもがやれるはずだったのに、だれもやらなかった。日本という極東の島国の中心にある三河のトヨタ町一番地から生まれた。たぶん、自動車の常識というものに欧米人ほどとらわれていない日本人だからこそ可能だった。「高級クロスオーバーSUV」のパイオニア。トヨタがそう誇らしげに位置づける「ハリアー」が、およそ1年の空白期間を経て、国内市場専用モデルとして復活した。3代にわたる、ちょっと前までのヨーロッパ車のような正常進化の歴史に、初代ハリアーのコンセプトの正しさが見てとれる。男子たる者、タキシードを着たライオンたるべきではないか。

3代目ハリアーは、前述したように国内市場専用というところがミソで、国内市場専用であるがゆえにグローバルマーケットというものを意識していない。だからこそ、ヘンに力が入っていない。トヨタの地力を感じさせる、中型クロスオーバーSUVとして、フツーの人々から愛されるできばえ、といえる。実際、2013年11月13日に発表され、月販目標台数2500台に対して、すでに2万台の受注があるという。一番安い2リッターのFFで272万円から、販売のメインとなるであろうハイブリッドで361万円から、という高級車である。といって超高級というわけではない。「手の届く上質な高級感」というのが開発陣の狙いなのである。なにしろ、本来はハリアー3代目を名乗る可能性だってあった現行「レクサスRX」ときたら、2.7リッターのFFで432万円、ハイブリッドだと561万円もする。


トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ”/ハリアーハイブリッド プレミアム プロトタイプ【試乗記】の画像
ガソリン車に搭載されるエンジンは2リッター直4。151psと19.7kgmを発生させる。
ガソリン車に搭載されるエンジンは2リッター直4。151psと19.7kgmを発生させる。
「プレミアム“アドバンストパッケージ”」と「プレミアム」に装着されるタイヤのサイズは235/55R18。
「プレミアム“アドバンストパッケージ”」と「プレミアム」に装着されるタイヤのサイズは235/55R18。

トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ”/ハリアーハイブリッド プレミアム プロトタイプ【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハリアーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
ホームへ戻る