第217回:“2.5次元”から飛び出したクルマ、「日産アイディーエックス」を解く

2013.12.27 エッセイ
往年のBREのマシン風のカラーリングが施された「アイディーエックス ニスモ」。ビス留めのオーバーフェンダー風に拡幅された前後フェンダー、カーボン製のボンネットやエアロパーツ、サイド出しマフラーなどでレーシングライクに装っている。

その独特なスタイリングから、2013年の東京モーターショーで多くの注目を集めたコンセプトモデル「日産アイディーエックス(IDx)」。
単なる“レトロ調のショーカー”では済ませられない魅力が感じられるのは、どうしてなのか? 開発に関わったデザイナーの話も交えながら、その誕生の背景について考察する。

日本のクラシックカーレースに参戦している、BREのカラーリングに倣った「510ブルーバード」。これは4ドアの「SSS」がベースだが、SCCA(スポーツカー・クラブ・オブ・アメリカ)のトランザム2.5シリーズで、1971年、72年と2年連続で王座に輝いた本家BREのマシンは、北米では人気があったが、日本では廉価グレードのみだった2ドアセダンがベースだった。
「アイディーエックス フリーフロー」のサイドビュー。こうして見ると、やはり現代のクルマだけにウエストラインが高い。
1965年にデビューした初代「シルビア」。「BMW507」などを手がけたドイツ系アメリカ人デザイナー、アルブレヒト・ゲルツをアドバイザーに迎え、日産社内でデザインされたボディーは、宝石をイメージした「クリスプ・カット」と呼ばれるシャープかつ繊細な面構成を持つ。
通称ハコスカこと3代目「スカイライン」に、1970年に加えられた「ハードトップ2000GT-R(KPGC10)」。つり上がったマスク、肩をそびやかしたようなショルダーライン、リアフェンダーのサーフィンラインなど、彫刻的で筋肉質なスタイリングだ。
1964年の第2回日本グランプリで鮮烈なデビューを飾った元祖「スカG」。これは66年にマイナーチェンジした「スカイライン2000GT-A(S54A)」。フロントフェンダー先端の形状と逆スラントしたマスクが、「アイディーエックス」に通じるものがある。
「アイディーエックス フリーフロー」のクオーターウィンドウとCピラーの処理を見て、思い出したのがこれ。日産初のFF車だった「チェリー」の流れを継いで、1978年に登場した初代「パルサー」のクーペである。

デザインヘリテージをリミックス!?

「日産のブースに『510』があった」
東京モーターショー2013のプレスデイ初日、プレスルームでそんなうわさを耳にした。

筆者は朝一番に行われた某メーカーのプレスブリーフィングに出席、リポートに追われていたので、その時点ではまだ日産の展示は見ていなかった。最初は“ヘリテージ”として型式名510こと3代目「ブルーバード」が飾られているのかと思ったが、聞けば事前発表にはなかった「アイディーエックス」というレトロ調のコンセプトモデルが、サプライズとして出展されているとのことだった。

結局その日は現物を確認できなかったが、公式サイトでアイディーエックスの画像を見て、510と呼ばれていたわけがわかった。
往年の日産車をモチーフにしたであろう、直線的でクリーンなスタイリング。特に「アイディーエックス ニスモ」のほうは、1970年代初頭に北米のツーリングカーレースで活躍した、ピート・ブロック率いる「BRE(ブロック・レーシング・エンタープライズ)」の510に倣ったカラーリングが施されていたからである。
ついでにネット上の反応をチェックすると、モチーフとなったモデルについて、510のみならず初代「シルビア」、通称ハコスカこと3代目「スカイライン」、2代目「ローレル」などなど、さまざまな車名が挙げられていた。

翌日、自分の目で実車をチェックして、なるほどと思った。ツリ目のマスクはハコスカ風であると同時に、先端が尖(とが)ったフロントフェンダーの形状や逆スラントしたノーズと相まって、ハコスカよりひと世代前、日産に吸収合併される前のプリンス時代の2代目スカイラインのテイストも感じられる。いわばノーマル仕様である「アイディーエックス フリーフロー」についていえば、上品な雰囲気が初代シルビアに通じるものがあり、ルーフの形状はピニンファリーナによる2代目ブルーバード、リアクオーターウィンドウとブラックアウトされたCピラーの織りなす意匠は、初代「パルサー クーペ」を思い起こさせた。

それでいて全体的な雰囲気とプロポーションは、やはり510の2ドアセダンやクーペ、あるいはその兄貴分である初代ローレルのハードトップといったところ。純プリンスのモデルを含めた、60~70年代の日産のデザインヘリテージをリミックスして、現代のモデルとしてうまくまとめている。ひと目見て日産車とわかる、日産車以外の何物でもない、という強いデザインの主張は日本車には珍しく、感心したのだった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ