アウディA3スポーツバック1.8 TFSIクワトロ(4WD/6AT)

これが未来だ! 2014.01.07 試乗記 インターネット常時接続機能を備えたインフォテインメントシステムを搭載し、最新の安全装備を採用するなど、先進的な技術が数多く盛り込まれた、新型「A3」の実力を確かめた。

SF映画の中のアウディ

2014年1月公開の映画『エンダーのゲーム』には、魅力的なニューモデルが登場する。「アウディ・フリートシャトル クワトロ」だ。低く構えた姿はほとんど前後対称に見え、グラスエリアはフロントからサイドをまわってリアまで一体となっている。逆ガルウイングドアを備えたフォルムは、あまりにも未来的だ。それも当然で、これは2088年に発売されるはずのクルマなのである。

昨今、映画と自動車会社のコラボは珍しいことではない。2011年の映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』では、東京モーターショーでプロトタイプとして展示されていた「BMW i8」にイーサン・ハントが乗っていた。アウディは2004年の『アイ,ロボット』に2035年モデルの「RSQ」を提供している。タイヤが球型というぶっ飛んだモデルで、今回のフリートシャトルよりケレン味は強かった。

映画会社としては話題作りになるし、自動車メーカーにとってはブランドのイメージアップにつながる。アウディが未来を舞台にしたSF作品にコンセプトモデルを登場させているのは、もともとクールな未来的イメージのラインナップを持っているからだろう。「A3スポーツバック」は、まさにそれを体現した一台だ。映画の中でなくても、すでに未来が到来していた。

シフトパドル付きの本革巻き3スポークステアリングホイールが標準で装備される。
シフトパドル付きの本革巻き3スポークステアリングホイールが標準で装備される。
テスト車には標準装備となるファブリック表皮のスポーツシートが装着されていた。
テスト車には標準装備となるファブリック表皮のスポーツシートが装着されていた。

アウディA3スポーツバック1.8 TFSIクワトロ(4WD/6AT)【試乗記】の画像

アウディA3スポーツバック1.8 TFSIクワトロ(4WD/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A3スポーツバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る