「水野和敏的視点」 vol.30 「スズキ・スイフトスポーツ」

2013.12.27 mobileCG
 
「水野和敏的視点」 vol.30 「スズキ・スイフトスポーツ」の画像

「水野和敏的視点」 vol.30 「スズキ・スイフトスポーツ」

R35型「日産GT-R」の生みの親であり、育ての親である水野氏が、本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。ホットハッチ3台試乗のラストは「スズキ・スイフトスポーツ」だ。今や希少種となってしまった日本のホットハッチ。その実力をミスターGT-Rがチェックする!

 
「水野和敏的視点」 vol.30 「スズキ・スイフトスポーツ」の画像
 
「水野和敏的視点」 vol.30 「スズキ・スイフトスポーツ」の画像
 
「水野和敏的視点」 vol.30 「スズキ・スイフトスポーツ」の画像
 
「水野和敏的視点」 vol.30 「スズキ・スイフトスポーツ」の画像
スズキ・スイフトスポーツ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3890×1695×1510mm/ホイールベース:2430mm/車重:1040kg/駆動方式:FF/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:6段MT/最高出力:136ps/6900rpm/最大トルク:16.3kgm/4400rpm/タイヤ:(前)195/45R17/(後)195/45R17/価格:168万円
スズキ・スイフトスポーツ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3890×1695×1510mm/ホイールベース:2430mm/車重:1040kg/駆動方式:FF/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:6段MT/最高出力:136ps/6900rpm/最大トルク:16.3kgm/4400rpm/タイヤ:(前)195/45R17/(後)195/45R17/価格:168万円

■古典的な成り立ち

「スポーツ」をキーワードに、各国の個性派モデルを取り上げている「水野和敏的視点」。今回は、待っていた読者の方も多いのではないでしょうか? わが国のホットハッチ市場で、孤軍奮闘している感のある「スズキ・スイフトスポーツ」です。

おなじみのイエローのボディーカラー。欧州では3ドアモデルも用意されますが、国内は5ドアのみ。スポーツハッチといえども、今や実用性が最優先なんですね。日本のユーザーの多くが生真面目に、「スタイルが良くスポーティーな3ドアモデルよりも、“いざ”という時にはドアが4枚ある方が便利」と、きっと考えているのでしょう。このクラスでは、もはや“スポーツステータス”という市場キーワードがなくなってしまったのが現実なのかもしれません。

以前は、トヨタも日産もこのマーケットに多彩なモデルを用意していました。日産には「マーチ スーパーターボ」(930ccの直4エンジンにターボチャージャーとスーパーチャージャーを装着していた)という個性派も存在していたのですが……。
このような中で、市場に存在しているだけでもスイフトスポーツには価値があると思います。

エンジンは、1.6リッターの自然吸気。可変吸気システムと吸気側のバルブタイミング&リフト量を変化させるVVTを併用して、136ps/6900rpmの最高出力と、16.3kgm/4400rpmの最大トルクを発生します。燃費は、6段MTモデルが14.8km/リッター、CVT車が15.6km/リッターです(いずれもJC08モード)。試乗車は、3ペダルの6段MT。いわゆる“テンロク”の、いまや古典的な存在のホットハッチといえます。早速乗ってみると……。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る