第66回:コタツで楽しみたい日米中加のおすすめ映画はコレ!
冬休みに観たいクルマ映画DVD

2013.12.28 エッセイ

『激突!』オマージュのB級ホラー

ポール・ウォーカーの事故死は、衝撃的な事件だった。シリーズ最新作の『ワイルド・スピード EURO MISSION』を観た人ならわかるように、新たな悪役を得てさらにスケールアップした次回作が期待されていた。ヴィン・ディーゼルとともにシリーズを支えてきた主役を撮影途中で失うことになってしまい、ストーリーを変更せざるをえないだろう。一部のシーンでは代役として彼の弟を起用するというアイデアも出ているそうだが、「GT-R」をこよなく愛したポールの死は残念でならない。

彼が主演した映画『逃走車』を夏休みDVDの回に紹介した。新たにDVDスルーで発売されたのは、『追跡車』というタイトルである。原題は『Angle Mort』だから、いかにも便乗系のニオイがする。ジャケ写には、ポール・ウォーカーっぽい男の顔が見えるが、セバスチャン・ユベルドーという初めて見る俳優だった。女優さんも監督も聞いたことのない名前で、低予算感がバリバリ伝わってくる。

カナダ映画ということで会話はフランス語だが、カップルが南米に旅行に出掛けるので現地の人との会話はスペイン語になる。目的地はサンチアゴ共和国で、そんな国はないから治安の悪い南米のどこかという設定なのだろう。男の浮気で壊れかけていた関係を修復するための旅行だが、ふたりは恐ろしい事態に巻き込まれることになる。現地では、少し前からクルマを襲ってはドライバーを殺して焼いてしまうという連続猟奇殺人が起きていたのだ。

ふたりが手に入れたクルマは、超がつくほどボロいソ連製のセダンだった。運悪く彼らは殺人犯に遭遇してしまい、後を追われることになる。おどろおどろしいマットブラックの「F-250」がつけてくるのだ。ドライバーの顔は隠れて見えないことが、えたいの知れなさで恐怖を増幅する。もちろんこれはスピルバーグの『激突!』が元ネタだ。ただし、本家が最後まで姿を見せなかったのに対し、この作品では結構早い段階で焼けただれた醜い顔をあらわにする。要するにB級ホラーなので、そのつもりで観てほしい。

『追跡車』DVD
『追跡車』DVD
「フォードFシリーズ」
「Fシリーズ」は1948年から作られ、現在のモデルは12代目。「F-150」がポピュラーだが、サイズの大きいモデルは大きな数字を与えられていた。映画に登場するのは、7代目の「F-250」。1999年以降は、大きなサイズのモデルは「スーパーデューティー」の名で独立したシリーズとなった。(写真は1978年の「F-150」)
「フォードFシリーズ」
    「Fシリーズ」は1948年から作られ、現在のモデルは12代目。「F-150」がポピュラーだが、サイズの大きいモデルは大きな数字を与えられていた。映画に登場するのは、7代目の「F-250」。1999年以降は、大きなサイズのモデルは「スーパーデューティー」の名で独立したシリーズとなった。(写真は1978年の「F-150」)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。