第4回:実走・実感「V40クロスカントリー」

イチオシの一台 2014.01.06 特集 日本市場でも人気の、新型「ボルボV40」。中でも異彩を放つ「V40クロスカントリー」には、このモデルならではの見どころがあるという。一般道から雪道まで試したモータージャーナリスト 生方 聡のリポート。

2013年はボルボの年

2013年は、輸入コンパクトカーの当たり年だった。中でもCセグメントは、ベンチマークとされる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」をはじめ「メルセデス・ベンツAクラス」「アウディA3スポーツバック」が続々とフルモデルチェンジし、さらに「フォード・フォーカス」が再び日本市場に投入されるなど、話題には事欠かなかった。

そんな中で、ひときわ目立っていたのが「ボルボV40」だ。エントリーモデルとして新登場したV40は、クーペのようなスタイリッシュなエクステリアと、質感の高いインテリア、最先端の安全装備、そして、戦略的な価格が功を奏して、発表直後から人気沸騰。2013年2月の発売から12月までに受注台数が1万台を超え、日本におけるボルボの復活を強く印象づけることになった。

V40には1.6リッター直列4気筒ターボエンジンを積む「V40 T4」「V40 T4 SE」と、2リッター直列5気筒ターボを積む「V40 T5 R-DESIGN」、そして、クロスオーバーの「V40クロスカントリー T5 AWD」が用意されている。中でも、私のオススメというか、私ならこれを買いたいというのが、V40クロスカントリーだ。もちろん、スタンダードなV40 T4/T4 SEも、スポーティーなV40 T5 R-DESIGNも魅力的なのだが、V40クロスカントリーには強い存在感や、楽しいカーライフを予感させる演出があるだけに、気になり続けているのだ。

今回、そんなV40クロスカントリーを、冬の北海道で600km以上ドライブし、その魅力を実感することができた。具体的には、「デザイン」「安全」そして「走り」である。順に詳しく解説しよう。

〝プレミアム・クロスオーバーコンパクト”をうたう「V40クロスカントリー」。SUV風な意匠のエクステリアが、その多目的性を連想させる。
〝プレミアム・クロスオーバーコンパクト”をうたう「V40クロスカントリー」。SUV風な意匠のエクステリアが、その多目的性を連想させる。
ステアリングホイールは本革仕様。スポーク部には、車両の設定やオーディオの操作などを行うためのスイッチ類が備わる。
ステアリングホイールは本革仕様。スポーク部には、車両の設定やオーディオの操作などを行うためのスイッチ類が備わる。
「V40クロスカントリー」の駆動方式は4WD。車名に「T5」と添えられるとおり、直列5気筒のターボエンジンを搭載する。
「V40クロスカントリー」の駆動方式は4WD。車名に「T5」と添えられるとおり、直列5気筒のターボエンジンを搭載する。
 
第4回:実走・実感「V40クロスカントリー」の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。