トヨタ・アクアG“G’s” プロトタイプ(FF/CVT)/アクアG“ブラックソフトレザーセレクション”(FF/CVT)

「味」にもこだわり 2014.01.13 試乗記 「ホンダ・フィットハイブリッド」から燃費世界一の座を奪還した「トヨタ・アクア」。マイナーチェンジを機に追加されたスポーツモデル「G's」とともに試乗した。

「アクア」vs.「フィット」の名勝負

月ごとに発表される国内市場の販売台数ランキングで、2013年の多くの月の1位を占めたのがトヨタのハイブリッド専用小型車「アクア」である。しかし、それも同年秋に3代目「ホンダ・フィット」が登場するまでのことであった。10月にトップになったフィットは続く11月も1位、12月は現時点では未発表ながらアクアを猛追している。

フィット3代目の成功要因のひとつに、本格ハイブリッドをラインナップに加えたことがある。JC08モード燃費36.4㎞/リッターと、35.4㎞/リッターを誇っていたアクアを堂々上回ったのだ。日本一になるためには世界一にならなければならない。かつて本田宗一郎はそういってマン島TTレースに参戦した。というのとはちょっと話が違うかもしれませんが、ともかくトヨタとホンダの間で熾烈(しれつ)な燃費世界一主張競争が繰り広げられているのである。

2013年11月26日、トヨタが三河魂を爆発させた。この日、アクアのエンジンのフリクションを低減、制御系を改良することでハイブリッドシステムの効率を高め、燃費性能で世界トップの37.0㎞/リッターを実現した、と発表した。あちらがハイブリッドで来るなら、こちらもハイブリッドで、とホンダが繰り出してきたのがいわばハイブリッドのダブル・クロスカウンター。それをトヨタはトリプル・クロスで返したのである。

あるいは、あちらがリキラリアットとサソリ固めなら、こちらはドラゴンスクリューに飛竜原爆固めの名勝負数え歌、にも比せられるかもしれない。アクアとフィット、どっちが革命戦士なのか、微妙なところではありますが、アクアの開発担当者は次のような趣旨のことを昨年の師走に富士スピードウェイで開かれた試乗会で語っている。
「H社の強力なライバルが現れて、切磋琢磨(せっさたくま)していきたい。燃費性能世界一の座は奪還した。あわせて乗り心地を改善。これは2年間の蓄積の効果である」

「アクアG“G’s”」は、トヨタが自ら手掛けるスポーツコンバージョン車シリーズの第6弾。
「アクアG“G's”」には、アルカンターラと合成皮革を使用した専用のフロントシートが装着される。
「アクアG“G's”」のインテリアには、各所にシルバーのステッチが施され、スポーティーさが演出されている。
「アクアG“G's”」専用の本革巻きシフトノブ。クリスタルレッドに「G's」のロゴがあしらわれている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る