ホンダ・フィット 13G・Fパッケージ(FF/CVT)

歴史に名を残す予感 2014.01.14 試乗記 発売以来のセールス好調が伝えられる、3代目「ホンダ・フィット」。クルマとしての実力はどれほどのものなのか? ベーシックなガソリン車で確かめた。

作り手の意志が感じられる

2001年の初代モデル誕生以来、世界123カ国での累計販売台数は約500万台。かくも“グローバルなモデル”でありつつも最大のマーケットは日本で、そこでは200万台以上を販売済みという“ドメスティックなモデル”でもあるのが「ホンダ・フィット」だ。

2013年の秋にフルモデルチェンジを行った通称フィット3も、あらためてホンダの重要な屋台骨となるべく開発された。
ルックスは、前後バンパーのエアスクープ風処理や、どこか“ボルボ車の香り”が漂う、ルーフに向かって伸びるテールランプのグラフィックなどが、個人的にはちょっとばかり引っ掛かる。けれども、グリルとヘッドランプがつながったフロントマスクなど、新たなデザインテーマを採用しながら、確かにフィットに見える佇(たたず)まいに仕上げたのは、過去2代への敬意の表れでもあるのだろう。

そんな今度のモデルは、ボディーの骨格はもとより、パワートレインからシャシーに至るまで、各部が白紙から設計され直したオールニューの作品だ。例えば、従来型比で全長が55mm、ホイールベースが30mm増したのに対し、前後パッセンジャー間の距離は80mm拡大できたというあたりも、コンパクト化された新リアサスペンションの採用や後席用シートベルトリトラクターの設計変更など、なるほど“本当のフルモデルチェンジ”が行えたからこその成果だろう。

一方で、全幅が1.7m以下に収まったのは、前述のようにいまなお大きな、日本のシェアの影響力に違いない。「日本で売れるのは、軽かミニバンかハイブリッド専用車」――そんな“定説”に一石を投じる開発の姿勢も、フィット3からは垣間見える。

3代目となる最新型「ホンダ・フィット」は、2013年9月に発売された。
フロントまわりは、ヘッドランプと一体になったウイング型のグリルが特徴。
インテリアの様子。過去2代に対する市場の評価に鑑み、質感の向上にこだわったという。
リアのデザインは、先代「フィット」と大きく異なる。ルーフ近くまで伸びたテールランプが個性を主張する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る