第220回:シンプルな造形にラグジュアリーは宿る
インテリアデザイナーが語る新型「レンジローバー スポーツ」の見どころ

2014.01.09 エッセイ
ランドローバーのスタジオディレクター、デイヴィッド・サディントン氏。
ランドローバーのスタジオディレクター、デイヴィッド・サディントン氏。

2013年11月の東京モーターショーで本邦デビューを果たした「レンジローバー スポーツ」。そのインテリアの見どころを、ランドローバーのスタジオディレクター、デイヴィッド・サディントン氏に聞いた。

東京モーターショーで本邦初公開された新型「レンジローバー スポーツ」。(写真=webCG)
東京モーターショーで本邦初公開された新型「レンジローバー スポーツ」。(写真=webCG)
「ランドローバーのインテリアで大事なことは、シンプルで幾何学的なこと」とサディントン氏。
「ランドローバーのインテリアで大事なことは、シンプルで幾何学的なこと」とサディントン氏。
新型「レンジローバー スポーツ」のインストゥルメントパネルも、横のラインが強調されている。(写真=ジャガー・ランドローバー)
新型「レンジローバー スポーツ」のインストゥルメントパネルも、横のラインが強調されている。(写真=ジャガー・ランドローバー)
新型「レンジローバー スポーツ」には、「レンジローバー」と同じアルミモノコック構造が採用されている。(写真=webCG)
新型「レンジローバー スポーツ」には、「レンジローバー」と同じアルミモノコック構造が採用されている。(写真=webCG)

心休まる空間であってほしい

――「スタジオディレクター」とは聞き慣れない職種ですが、どのような仕事を担当しているのですか?

「デザインを、コンセプトの段階から実際の生産に至るまで、一貫して取りまとめる仕事です。私はインテリアを担当しています。同僚が2人いて、ひとりがエクステリア、もうひとりがアクセサリーやそのほかのプロダクトデザインを担当しています。
一方で、部下としては3Dデザイナーやカラーマテリアルデザイナーなどがいます。スタジオディレクターは、世界で最も楽しい仕事と思っています!」

――ランドローバーのインテリアデザインには、どのような“哲学”があるのでしょうか?

「すべてのモデルで共通して大事にしているのは、『シンプルで、幾何学に基づく』ということです。もちろん、車種ごとに進化はしていますが、そういった根幹を大事にしてきたから、今日の、類のないデザインを作れるようになったと思っています。
競合メーカーが、有機的かつ流動的なデザインを採用しているのに対し、私たちはシンプルで幾何学的、つまり縦横を強調したデザインを採っています。ランドローバーの伝統を生かしたデザインになっているのです」

――具体的な例を挙げてもらえますか?

「レンジローバーについて説明すると……、『レンジローバー』と『レンジローバー スポーツ』がありますが、どちらも横のラインを強調しています。縦はあくまでサポートです。それは『イヴォーク』も同様。シンプルな横のラインをモチーフにしたデザインが採られます」

――シンプルな造形だと、車種ごとに個性を表現するのは難しくないですか?

「難しいですね。特に『ラグジュアリー』という概念を定義するのは難しい。逆に、『ラグジュアリーではないもの』はすぐにわかります。ですので、ラグジュアリーを表現するときには、幅広い観点から考えるようにしています。お客さまのライフスタイルのどの部分がラグジュアリーなんだろうと、クルマ以外にも目を向けるのです。
例えば、ラグジュアリーなお客さまが特に大事にしているのが、ストレスフリーであることです。いわゆるコンシェルジュサービスなどを利用されている。
ですから、インテリアとしては、第一印象として落ち着いた印象を与えたい。乗ったときに、まず心休まる空間であってほしいのです。ある意味、サンクチュアリー(聖地)のようなものでしょうか」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ