新パワートレインの「プジョー208」が登場

2014.01.06 自動車ニュース
「プジョー208アリュール」(写真は5MT車)
「プジョー208アリュール」(写真は5MT車)

新パワートレインの「プジョー208」が登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2013年1月6日、「プジョー208」に、1.2リッター直3エンジンとアイドリングストップ機構、シングルクラッチ式5段ATを組み合わせた「PureTech(ピュアテック)」搭載車を設定し、販売を開始した。

1.2リッター3気筒エンジン
1.2リッター3気筒エンジン

新パワートレインの「プジョー208」が登場の画像

今回、新たにピュアテックが採用されたのは、3ドアの「208アリュール」と、5ドアの「208プレミアム」「208シエロ」の3グレード。1.2リッター直3エンジンが208シリーズの5ドア車に設定されるのは、今回が初となる。

また、シングルクラッチ式5段ATの「ETG5」には、シフトダウン時に自動的にエンジン回転数を合わせる機能や、クリープ機能、ヒルスタートアシスト機能を採用。5ドア車で比較した場合、1.6リッターエンジンと4段ATを搭載していた従来モデルから、約70kgの軽量化を実現しているという。ピュアテック搭載車の燃費は各グレード共通で19.4km/リッター(JC08モード)となっている。

このほかにも、ピュアテック搭載車には黒いリアルーフスポイラーを装備。シフトセレクターの形状を従来モデルから変更したほか、新たにシフトパドルを採用している。

ラインナップと価格は以下の通り。
・208アリュール(5MT):202万円
・208アリュール(5AT):212万円
・208プレミアム(5AT):216万円
・208シエロ(5AT):240万円
・208XY(6MT):269万円
・208GTi(6MT):299万円

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る