第219回:これがSKYACTIVの未来だ!
マツダが描く次世代環境技術に触れる

2014.01.08 エッセイ

マツダの好調を支えるスカイアクティブ

新型「アクセラ」の受注が約1カ月で1万6000台に達するなど、相変わらずの好調ぶりを見せるマツダ。それを支えているのが「SKYACTIV(スカイアクティブ)」と総称される一連の技術と、「魂動(こどう)-Soul of Motion」と呼ばれるデザインテーマであることは皆さんご存じの通りだ。
特にスカイアクティブ技術については、燃費と動力性能を両立するものとして、かつてのロータリーエンジンに代わるマツダの代名詞になりつつある。

ここでちょっとスカイアクティブの技術戦略をおさらいすると、マツダはまず、エンジンの高効率化やボディーの軽量化といった「ベース技術」を最優先で磨き、その上で順次電気デバイスを導入するという方針を採っている。この戦略は「ビルディングブロック戦略」と呼ばれており、「2008年比で、2015年までに世界中で販売されるマツダ車の平均燃費を30%向上させる」という目標と、それまでに減速エネルギー回生システムやガソリンハイブリッド、プラグインハイブリッドなどの技術を段階的に投入することが表明されている。

それを踏まえて昨今のマツダを振り返ってみると、いわゆるベース技術に関しては「CX-5」でひと段落。減速エネルギー回生システムは「i-ELOOP」として「アテンザ」で実用化。ガソリンハイブリッドについても、トヨタの「THS II」と自前の直噴ガソリンエンジンを組み合わせた「アクセラハイブリッド」の販売を開始している。ビルディングブロック戦略は、すでにかなりの段階まで実現しているのだ。

そうなると気になるのが、スカイアクティブのこれから先の話だ。2013年末に開かれた技術説明会で出てきたのは、「レンジエクステンダー」と「HCCI」という言葉だった。


第219回:これがSKYACTIVの未来だ!マツダが描く次世代環境技術に触れるの画像
2013年11月に発売された3代目「マツダ・アクセラ」。約1万6000台の受注台数は、3000台という月間販売計画の5倍以上だ。
2013年11月に発売された3代目「マツダ・アクセラ」。約1万6000台の受注台数は、3000台という月間販売計画の5倍以上だ。
2012年2月に登場した「CX-5」。クリーンディーゼルエンジンが話題となったが、ボディーやサスペンションなども従来のマツダ車から一新されていた。
2012年2月に登場した「CX-5」。クリーンディーゼルエンジンが話題となったが、ボディーやサスペンションなども従来のマツダ車から一新されていた。
「アクセラSKYACTIV-HYBRID」の透視図。パワーユニットは「SKYACTIV-G2.0」と呼ばれる2リッター直噴直4エンジンに、トヨタのハイブリッドシステム「THS II」を組み合わせたものだ。
「アクセラSKYACTIV-HYBRID」の透視図。パワーユニットは「SKYACTIV-G2.0」と呼ばれる2リッター直噴直4エンジンに、トヨタのハイブリッドシステム「THS II」を組み合わせたものだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ