第222回:ボルボのヘリテージをモダンに表現
スタディーモデル「コンセプト クーペ」はこう読め!

2014.01.15 エッセイ
ボルボ・カー・コーポレーションでデザイン担当上級副社長を務めるトーマス・インゲンラート氏。
ボルボ・カー・コーポレーションでデザイン担当上級副社長を務めるトーマス・インゲンラート氏。

第43回東京モーターショーに、エレガントなスタディーモデル「コンセプト クーペ」を出展したボルボ。今後のボルボ車のデザインを統括するトーマス・インゲンラート氏と、コンセプト クーペのインテリアを担当したロビン・ペイジ氏に、コンセプト クーペの見どころを聞いた。

「ボルボ・コンセプト クーペ」
「ボルボ・コンセプト クーペ」
エクステリアデザインは、流行に左右されない、タイムレスな美しさが追求されている。
エクステリアデザインは、流行に左右されない、タイムレスな美しさが追求されている。
「エレガントで優しい感じ。それはボルボ的では?」とインゲンラート氏。
「エレガントで優しい感じ。それはボルボ的では?」とインゲンラート氏。

時を超えた美しさを目指す

――コンセプト クーペは、1960年代の「ボルボP1800」を思わせるスタイルを採ります。なぜ、モチーフにP1800を選んだのですか?

インゲンラート氏:「P1800をベースにデザインしたというわけではありません。とはいえ、精神的には、両車はつながっています」

――では、2台がつながっている点とは何ですか?

インゲンラート氏:「2台とも、スーパースポーツでも、ドリームカーというわけでもありません。とはいえ、“普通”でもありません。われわれが具体化したいものを表現したらこうなった、と言うべきでしょうか。流行を追うのではなく、美しく、エレガントでクラシカル。ずっと魅力が衰えない。そんなクルマです」

――ボルボというと、四角く、武骨で、安全第一、という時代が強く思い起こされます。P1800は、どちらかというと異端な、いわばプレイボーイのためのクルマでしたね。

インゲンラート氏:「ボルボは、非常に合理的な会社と思われがちですが、コンセプト クーペのようなクルマを出すことによって、異なる側面があることも理解していただけると思います。エレガントで優しい感じのクルマ。そうした性格は、『ボルボ的』と言えるんじゃないでしょうか」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ