ホンダN-WGN 開発者インタビュー

ピッチャーゴロでは終わらない! 2014.01.09 試乗記 本田技術研究所
四輪R&Dセンター LPL
主任研究員
人見康平(ひとみ こうへい)さん

軽自動車の主戦場、ハイトワゴンのジャンルに勝負を挑む「N-WGN」。強敵たちを相手にどんな作戦を練ったのか、開発責任者に聞いた。

開発コードは「ホームラン軽」

まず、業務連絡です。
人見さん、大丈夫ですよ〜。“あの発言”は使いませんでしたから。安心してお読みくださ〜い。

……というわけで、大変面白いインタビューだったのに、使えない話が多すぎるのだ。固有名詞は出せないし、過激な表現は直さなきゃならないし、困ったもんです。人見さんはサービス精神の旺盛な方で、キャッチーなフレーズがどんどん飛び出してくる。取材というより談笑していただけのような気もするけれど、クルマに対する情熱はビンビン伝わってきたのだ。

――「N-BOX」や「N-ONE」の好調を受けての登場ですが、「N-WGN」は強敵「スズキ・ワゴンR」「ダイハツ・ムーヴ」ともろに激突します。一番のボリュームゾーンですよね。

ど真ん中ですから。日本人は一番上でもなく一番下でもなく、中間が好きですよね。鉄火丼より海鮮丼を選ぶでしょ? このクルマは、鉄火丼の上にウニをのっけたような……。

――それって、おいしくなさそうですよ。

あ、そうか、今のはナシ!

――それはともかく、ここでコケると元も子もないですよね。プレッシャーがあったんじゃないですか?

目標を高くしておけば、大丈夫なんです。「ミラ イース」と同じ燃費でN-BOXと同じ広さにしようってハッパかけて、あとは担当が苦しめばいいんですから(笑)。開発時に、このクルマは「ホームラン軽」という名前だったんですよ。普通は「13.5ニューワゴン」とか無味乾燥な開発コードが付けられるんですが、これは打つ前からホームランが期待されていたわけです。ただ、途中で一度ピッチャーゴロになってしまって……。

2013年11月22日に発売された「N-WGN」。発売後1カ月間の受注台数は2万4000台と、月間販売計画の約2倍を記録している。
2013年11月22日に発売された「N-WGN」。発売後1カ月間の受注台数は2万4000台と、月間販売計画の約2倍を記録している。
 
ホンダN-WGN【開発者インタビュー】の画像
「N-WGN」の燃費値はターボエンジン車で26.0km/リッター、ノンターボ車では29.2km/リッターを記録する(数値はいずれもJC08モード)。
「N-WGN」の燃費値はターボエンジン車で26.0km/リッター、ノンターボ車では29.2km/リッターを記録する(数値はいずれもJC08モード)。
<プロフィール>
1984年、本田技術研究所に入社。ドア、外装まわりの設計を経て、2002年「ザッツ」、2004年「エリシオン」のLPL(ラージプロジェクトリーダー)代行などを担当。2007年「フィット」、2010年「フィットハイブリッド」、2011年「フィットシャトル」のLPLを務めた。
<プロフィール>
	1984年、本田技術研究所に入社。ドア、外装まわりの設計を経て、2002年「ザッツ」、2004年「エリシオン」のLPL(ラージプロジェクトリーダー)代行などを担当。2007年「フィット」、2010年「フィットハイブリッド」、2011年「フィットシャトル」のLPLを務めた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

N-WGNの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る