クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダN-WGN 開発者インタビュー

ピッチャーゴロでは終わらない! 2014.01.09 試乗記 本田技術研究所
四輪R&Dセンター LPL
主任研究員
人見康平(ひとみ こうへい)さん

軽自動車の主戦場、ハイトワゴンのジャンルに勝負を挑む「N-WGN」。強敵たちを相手にどんな作戦を練ったのか、開発責任者に聞いた。

開発コードは「ホームラン軽」

まず、業務連絡です。
人見さん、大丈夫ですよ〜。“あの発言”は使いませんでしたから。安心してお読みくださ〜い。

……というわけで、大変面白いインタビューだったのに、使えない話が多すぎるのだ。固有名詞は出せないし、過激な表現は直さなきゃならないし、困ったもんです。人見さんはサービス精神の旺盛な方で、キャッチーなフレーズがどんどん飛び出してくる。取材というより談笑していただけのような気もするけれど、クルマに対する情熱はビンビン伝わってきたのだ。

――「N-BOX」や「N-ONE」の好調を受けての登場ですが、「N-WGN」は強敵「スズキ・ワゴンR」「ダイハツ・ムーヴ」ともろに激突します。一番のボリュームゾーンですよね。

ど真ん中ですから。日本人は一番上でもなく一番下でもなく、中間が好きですよね。鉄火丼より海鮮丼を選ぶでしょ? このクルマは、鉄火丼の上にウニをのっけたような……。

――それって、おいしくなさそうですよ。

あ、そうか、今のはナシ!

――それはともかく、ここでコケると元も子もないですよね。プレッシャーがあったんじゃないですか?

目標を高くしておけば、大丈夫なんです。「ミラ イース」と同じ燃費でN-BOXと同じ広さにしようってハッパかけて、あとは担当が苦しめばいいんですから(笑)。開発時に、このクルマは「ホームラン軽」という名前だったんですよ。普通は「13.5ニューワゴン」とか無味乾燥な開発コードが付けられるんですが、これは打つ前からホームランが期待されていたわけです。ただ、途中で一度ピッチャーゴロになってしまって……。

2013年11月22日に発売された「N-WGN」。発売後1カ月間の受注台数は2万4000台と、月間販売計画の約2倍を記録している。
2013年11月22日に発売された「N-WGN」。発売後1カ月間の受注台数は2万4000台と、月間販売計画の約2倍を記録している。 拡大
 
ホンダN-WGN【開発者インタビュー】の画像 拡大
「N-WGN」の燃費値はターボエンジン車で26.0km/リッター、ノンターボ車では29.2km/リッターを記録する(数値はいずれもJC08モード)。
「N-WGN」の燃費値はターボエンジン車で26.0km/リッター、ノンターボ車では29.2km/リッターを記録する(数値はいずれもJC08モード)。 拡大
<プロフィール>
1984年、本田技術研究所に入社。ドア、外装まわりの設計を経て、2002年「ザッツ」、2004年「エリシオン」のLPL(ラージプロジェクトリーダー)代行などを担当。2007年「フィット」、2010年「フィットハイブリッド」、2011年「フィットシャトル」のLPLを務めた。
<プロフィール>
	1984年、本田技術研究所に入社。ドア、外装まわりの設計を経て、2002年「ザッツ」、2004年「エリシオン」のLPL(ラージプロジェクトリーダー)代行などを担当。2007年「フィット」、2010年「フィットハイブリッド」、2011年「フィットシャトル」のLPLを務めた。 拡大

カンバンより、全方位

――ピッチャーゴロ?

最初は丸い目のかわいい形のを作ってたんです。それを社長に見せたら、「これはホームランじゃなくてピッチャーゴロだろ!」って怒られて。すごい勢いで4週間半で直しました(笑)。

――乗ってみて、ピッチャーゴロじゃないことはわかりましたよ。でも、売るためには何かアピール点が必要です。その点、燃費でナンバーワンになれなかったのは痛いのでは……。

実は、他社のことはあまり考えていないんです。敵がどうとかいうより、お客さんがどう思うかが大事。それに、燃費で決めていくとクルマがおかしくなるんですよ。

――クルマがおかしくなる?

燃費は数字ですから一番わかりやすいんですが、0.1や0.2って実際には意味がありません。公式な数字だけ上げても、実燃費が悪くなったり走りが悪くなったりしたらダメですから。カンバンを掲げるんじゃなくて、全方位なんです。目立つかどうかより、欲しがられるクルマを作りたい。燃費、広さ、使い勝手、どれも妥協していません!

――それでも、販売店は他社を気にしますよね。

どこを比べてもらっても勝負できますよ。引き分けがあっても、ほかのところを見てもらう。今は軽に何でも付いていますから、昔はウリになった機能も当たり前になってしまったわけです。だから、プラスアルファが必要になりますね。例えばUV(紫外線)カットガラスにはIR(赤外線)カットも付けました。でも、個別のことをウリにしているわけじゃありません。このクルマは、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と同じなんです。

 
ホンダN-WGN【開発者インタビュー】の画像 拡大
「目立つかどうかより、欲しがられるクルマを作りたい」と語る人見さん。
「目立つかどうかより、欲しがられるクルマを作りたい」と語る人見さん。 拡大
大容量のグローブボックスや、3通りの使い方ができるスライドセンタートレイなど、使いやすさにもこだわった。
大容量のグローブボックスや、3通りの使い方ができるスライドセンタートレイなど、使いやすさにもこだわった。 拡大
 
ホンダN-WGN【開発者インタビュー】の画像 拡大

ゴルフのようなブランドに

ゴルフといえば、世界に冠たるベストセラーカー。2014年には、外国車として初めて日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

別に賞をとったから言うわけじゃありませんよ。あのクルマは、どこがすごいっていうより、バランスがとれていて何でもできるところがいいんです。常に進化していて、新しいのを買えば必ずいいものが手に入る。すべてにおいてスタンダードで、安心感がありますよね。ウチはまだ始まったばかりですが、そういうブランドになっていけばいいと思っています。

――全方位といっても、やはりターボの走りに何よりも魅力を感じました。

いやー、反則ですよね、あの走りは! ターボ付けても6万円ぐらいしか違わないんですよ。カスタムじゃない標準モデルでも、ターボ版が結構売れています。それから、「あんしんパッケージ」は8割の方が選んでいますね。衝突軽減ブレーキとサイドカーテンエアバッグがセットになっていますから、これを選んでいただくのはうれしいですね。

――ホームランになりましたか?

“いいものを買った”と思っていただけると思います。東京はともかく、地方では軽自動車が生活を支えていますから、この枠は守っていかなければいけませんよね。

――じゃあ、次はもっと大きなホームランを期待していいですね?

次って……このクルマはもうやりませんよ。だって、ドアの厚さはこれ以上削れないから広さは限界だし、もう無理! できない理由は100個でも言えますから。

――とはいっても、実際やれば何かまた考えるわけですよね?

まあ、確かにそうなんですけどねえ……。

ピッチャーゴロに倒れても、最後にはホームランを打つ。そういう人を会社が遊ばせておくはずがない。きっと新しい困難なプロジェクトが待っていることでしょう。人見さん、特大ホームランを期待していますよ!

(インタビューとまとめ=鈴木真人/写真=高橋信宏)

ドアの厚さは「これ以上削れない」ほど、室内スペースの拡大にもこだわったという。
ドアの厚さは「これ以上削れない」ほど、室内スペースの拡大にもこだわったという。 拡大
 
ホンダN-WGN【開発者インタビュー】の画像 拡大
後席のスライド量は200mmを誇る。
後席のスライド量は200mmを誇る。 拡大
 
ホンダN-WGN【開発者インタビュー】の画像 拡大
「“いいものを買った”と思っていただけると思います。」と人見さん。
「“いいものを買った”と思っていただけると思います。」と人見さん。 拡大

関連キーワード:
N-WGNN-WGNカスタムホンダ試乗記

あなたにおすすめの記事