三菱、新型軽「eKスペース」のカスタムを提案【東京オートサロン2014】

2014.01.07 自動車ニュース
「三菱eKスペース」のカスタムカー「eKスペースU-tone style」。
「三菱eKスペース」のカスタムカー「eKスペースU-tone style」。

【東京オートサロン2014】三菱、新型軽「eKスペース」のカスタムを提案

三菱自動車は2014年1月7日、千葉県の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2014 with NAPAC」(開催期間:2014年1月10日~12日)の出展概要を発表した。

 

今回三菱は、新型の軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」や、「eKワゴン」「アウトランダーPHEV」「デリカD:5」のカスタマイズモデルを出展。モータースポーツの関連車両としては、2013年6月に米国コロラド州で開催された「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2013」で電気自動車クラスの2位、3位を獲得した「MiEV Evolution II」や、同年8月の「アジアクロスカントリーラリー2013」で使用されたアウトランダーPHEVのサポートカーを展示するとしている。

なお、三菱がオートサロンに出展するのは、2008年以来6年ぶりのこととなる。

(webCG)
 

関連記事 ホームへ戻る