ホンダ・オデッセイ アブソルート EX 7人乗り(FF/CVT)

運転席が一番 2014.01.15 試乗記 2013年11月に発売された「ホンダ・オデッセイ」のスポーティーグレード「アブソルート」に試乗。すっかり普通のミニバンらしくなった5代目オデッセイだが、実際に走らせてみると、ライバルにはないとがった個性を持ち合わせていた。

普通のミニバンになりたい!

「普通の女の子に戻りたい」はキャンディーズで、「普通のおばさんに戻りたい」は都はるみ、そして「普通のミニバンに戻りたい」が、5代目となるホンダの新型「オデッセイ」だ。いや、オデッセイは普通のミニバンだったことはないのだから、正確には「普通のミニバンになりたい」だ。あるいは、「早くミニバンになりたい!」かもしれない――。

では4代目までのオデッセイは、どこが普通でなかったのか? なんといっても、普通のミニバンに比べて背が低かった。4代目の全高は1545mmで、全高1550mm制限の一般的な立体駐車場にぎりぎり入庫できたのだ。
それが今回試乗した新型「オデッセイ アブソルート」は1685mm。ホンダが直接のライバルと見なす「トヨタ・エスティマ」の1730mmよりは低いものの、室内の高さを比べると、オデッセイの1325mmに対してエスティマは1255mmと、オデッセイに軍配が上がる。ちなみに「日産エルグランド」の1275mmと比べてもオデッセイのほうが室内の高さでは勝る。
全高が低いのに室内の高さを確保できたのは、床を思いきり低くしたから。そのためにホンダは、従来の約3分の2の厚みの薄型燃料タンクを開発したのだ。

「クルマはスペックだけで判断してはならぬ」というのが鉄則であるけれど、もう少々数字にお付き合いください。
広さとともにミニバン(というかクルマ)選びの重要な要素である燃費を見ると、190psの2.4リッター直列4気筒エンジンを積むオデッセイ アブソルートが14.0km/リッター、170psの2.4リッター直列4気筒エンジンを積むトヨタ・エスティマが11.6km/リッター(いずれもJC08モード)。

もうひとつ、小回りが利くかどうかの目安となる最小回転半径は、オデッセイが5.4m、エスティマが5.9mと、これもオデッセイ。仕様がたくさんあるので直接比較は難しいけれど、ほぼ同じ装備のグレードで価格を比べると、オデッセイがエスティマより10~20万円ほど安い。
何が言いたいかというと、スタイリングの好みはあるだろうけれど、机上の比較ではオデッセイがかなり有利だということだ。

従来モデルのステーションワゴンを思わせる低いフォルムから一新。標準的なミニバンのスタイリングとなった5代目「オデッセイ」。標準モデルのFF車同士で比較した場合、全高は従来モデルから150mmも高められた。
従来モデルのステーションワゴンを思わせる低いフォルムから一新。標準的なミニバンのスタイリングとなった5代目「オデッセイ」。標準モデルのFF車同士で比較した場合、全高は従来モデルから150mmも高められた。
内装色は、標準モデルがアイボリー、「アブソルート」がブラックの設定。タッチパネル式のオートエアコンが標準装備される。
内装色は、標準モデルがアイボリー、「アブソルート」がブラックの設定。タッチパネル式のオートエアコンが標準装備される。
シートは「プライムスムース」と呼ばれる合皮とファブリックのコンビタイプ。「アブソルート EX」には、オプションで本革と合皮のコンビシートも用意されている。
シートは「プライムスムース」と呼ばれる合皮とファブリックのコンビタイプ。「アブソルート EX」には、オプションで本革と合皮のコンビシートも用意されている。
上級グレードの「G・EX」と「アブソルート EX」には、プリクラッシュブレーキと誤発進抑制機能からなる「シティーブレーキアクティブシステム」が標準で装備される。
上級グレードの「G・EX」と「アブソルート EX」には、プリクラッシュブレーキと誤発進抑制機能からなる「シティーブレーキアクティブシステム」が標準で装備される。
2列目席はもちろん、3列目席にも、天井にLED照明付きのエアコン吹き出し口を装備。
2列目席はもちろん、3列目席にも、天井にLED照明付きのエアコン吹き出し口を装備。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

オデッセイの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る