フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)

楽しめるエコカー 2014.01.09 試乗記 ひさびさに日本の道を走ることになった、フォードのコンパクトカー「フィエスタ」。新型の見どころは? クルマしての仕上がりは? ワインディングロードでチェックした。

“小さなエンジン”が目玉

「フォード・フィエスタ」が帰ってきた。国内導入ベースでいえば、10年ぶりの日本市場カムバックである。
おさらいすると、フィエスタはフォードのワールド・スーパーミニである。「フォルクスワーゲン・ポロ」「ルノー・ルーテシア」「プジョー208」らをライバルにする欧州Bセグメントではベストセラーを走る。

2012年にビッグマイナーチェンジを受けた現行モデルは6世代目。マツダとの提携時代に開発された先代モデルの日本仕様は1.6リッター4気筒だったが、最新型は1リッター3気筒にダウンサイジングしている。「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」を2年連続(2012年、2013年)で獲得したこの「1.0リッター EcoBoost(エコブースト)」が新型フィエスタのハイライトである。
イギリスのテクニカルセンターで生まれた997ccのフォード最小ガソリンエンジンは、直噴ターボで、吸排気の可変バルブタイミング機構を備える。3気筒に不可避の振動は、エンジン全体で入念な動的バランスを取ることで解消し、重量やフリクション増加をもたらすバランサーシャフトは持たない。CO2排出量=99g/kmという環境性能を実現する一方、最高出力はいわゆる「リッター100ps」超えの100ps/6000rpm。17.3kgmという1.8リッター級の最大トルクは1400rpmという低回転から発生する。

そのエンジンに組み合わされる変速機は「パワーシフト」と呼ばれるゲトラグ製6段自動MT。1リッター3気筒クラスでは国内初お目見えのデュアルクラッチ式である。と、ボンネットの中だけでも見どころの多いリッターカーである。

2014年2月1日に日本で発売される新型「フォード・フィエスタ」は、モノグレード。大型のリアスポイラーなどのスポーティーなボディーキットは、標準で備わる。
インテリア。グラブボックスやカップホルダーを赤く照らすアンビエントライトや、ソニー製のプレミアムサウンドシステムなどが与えられる。
優れた燃費性能と環境性能を両立させたという1リッター3気筒ターボエンジン。ちなみに、17.7km/リッターの燃費値(JC08モード)は、これまで日本に導入されたフォード車の中で、最高である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィエスタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る