アウディRS 6アバント(4WD/8AT)

欲望をカタチにすれば…… 2014.01.16 試乗記 最高出力560ps、最大トルク71.3kgmのスーパーワゴン「RS 6アバント」に試乗。もはや手に余るほどのパフォーマンスを提供する万能マシンに、リポーターは何を思う?

ビジネスマンズ・エクスプレス

ビジネスマンズ・エクスプレスというジャンルは昔からあるが、現在のスペック相場はだいたい1500万円、500ps超のV8ターボ、車重2トンあたりだろうか。「メルセデス・ベンツE63 AMG」のセダンやワゴンがそうだし、「BMW M5」がそう。そして今回の「アウディRS 6アバント」も、どストライクでその条件を満たす。

にしても、ものすごく速いスポーツカーは世界中のメーカーがこぞってつくるのに、ビジネスマンズ・エクスプレスをラインナップするのは、不思議なことにドイツメーカーばかり。スポーツカーと違って万が一にも仕事中に止まると困るからだろうか。

ジャガーやマセラティにもV8+過給器の500ps超を誇るハイパフォーマンスセダンがあるじゃないかって? あれらは遊び人向けでビジネスマンは乗っていない。ビジネスマンズ・エクスプレスは、あくまで見た目は地味なままバカッ速に仕立てられたモデルというイメージだ。使い古された表現で言えば“羊の皮をかぶった狼”。

ただし、最近のモデルはパフォーマンスが上がり過ぎて羊の皮がところどころ破れて狼なのがバレバレになっている。というわけで、膨らんだフェンダーと極太タイヤ、本気で効きそうなエアダムなど、ほぼ狼丸出しのRS 6に試乗した。

「RS 6アバント」は、アウディのEセグメントモデル「A6アバント」をベースとした高性能モデル。現行型は3代目にあたる。
「RS 6アバント」は、アウディのEセグメントモデル「A6アバント」をベースとした高性能モデル。現行型は3代目にあたる。
エクステリアでは張り出した前後フェンダーや専用のエアロパーツなどが目を引く。フロントグリルもハニカムメッシュに変更されている。
エクステリアでは張り出した前後フェンダーや専用のエアロパーツなどが目を引く。フロントグリルもハニカムメッシュに変更されている。
随所にカーボン製の加飾パネルを採用したインテリア。フラットボトムタイプのスポーツステアリングホイールを標準装備している。
随所にカーボン製の加飾パネルを採用したインテリア。フラットボトムタイプのスポーツステアリングホイールを標準装備している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RS 6アバントの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る