スマート・フォーツーカブリオBRABUSエクスクルーシブ エディション テーラーメイド(RR/5AT)

小さいけれど、全部入り 2014.01.20 試乗記 「スマート・フォーツー」のハイパフォーマンスモデル「BRABUSエクスクルーシブ」に、「スマートBRABUSテーラーメイド」による特別な内外装が施された限定車が追加された。高級車然としたコンパクトカーの魅力を味わった。

格安のBRABUSモデル

“小ささ”を楽しめるクルマに乗ったのは、久しぶりだった。軽自動車に乗る機会はよくあるが、あれはむしろ“大きさ”を競い合うジャンルになっている。登場して15年がたつが、「スマート」の核心はまったくブレていない。ミニマムだが、必要にして十分。そして、小さいことのメリットを目いっぱい生かしている。

スマートには現在ガソリンエンジン車と電気自動車があり、エンジンは自然吸気とターボ付きの2タイプがある。試乗したのはハイパワーなターボ版で、BRABUS(ブラバス)によるチューニングが施されたモデル。クーペとカブリオを合わせて220台の限定車なのだ。内外装はフルカスタムオーダープログラムの「スマートBRABUSテーラーメイド」で仕上げられ、高級車然としたたたずまいである。試乗したのは限定80台のカブリオで、お値段は306万円。最廉価モデルの「クーペmhdプラス」が159万円だから、ほぼ2倍である。

それだけの値段をつけるのだから、ドライバーのプライドを満足させる仕掛けは万全だ。フロントグリルやヘッドライトは専用デザインで、6ツインスポークのアルミホイールを装備する。マフラーはデュアルのセンター出しだ。前後左右どこから見ても「BRABUS」のロゴが目に飛び込んでくる。

もちろん室内でもブランドアピールは怠りなく、シートやシフトノブには大きな「B」の文字が刻印されている。スマートに乗っているというより、ブラバスに乗っているという気分にさせられる。「メルセデス・ベンツ」のブラバスモデルを手に入れるのに必要な金額を考えると、エンブレム目当てならばこれは安い買い物だ。

「スマートBRABUSテーラーメイド」で仕立てられた限定車「フォーツーカブリオBRABUSエクスクルーシブ エディション テーラーメイド」。
「スマートBRABUSテーラーメイド」で仕立てられた限定車「フォーツーカブリオBRABUSエクスクルーシブ エディション テーラーメイド」。
リア中央からは2本のクロムエキゾーストパイプが顔を出す。
リア中央からは2本のクロムエキゾーストパイプが顔を出す。
アルミと本革を採用したシフトノブとパーキングブレーキレバーが装着される。
アルミと本革を採用したシフトノブとパーキングブレーキレバーが装着される。
 
スマート・フォーツーカブリオBRABUSエクスクルーシブ エディション テーラーメイド(RR/5AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーカブリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る