日産GT-R Premium edition(4WD/6AT)

「R32 GT-R」の再来 2014.01.21 試乗記 進化し続ける「R35 GT-R」。日産によれば、2014年モデルは「新たな幕開けと呼ぶにふさわしい進化を遂げた」という。その言葉の意味を確かめるために、箱根に向かった。

あのハンドリングがある

何の先入観も持たずそのステアリングを握って、ワインディングロードを駆け下りたとき、思わず顔がほころんでしまった。そして、心のなかで山田少年は叫んだ。
「こりゃぁ、『サンニーR』の再来じゃないか!」

クルマ好きのみなさんに、いまさらクドクドと説明する必要はないだろう。サンニーRとはご存じ、R32型「スカイラインGT-R」のことである。1989年に登場した第2世代のスカイラインGT-Rであり、今なお息づくR伝説を作りあげた「GT-R中興の祖」だ。

そのサンニーRと、最新型の「日産GT-R」が似ている? いくらなんでも20年以上前のレジェンドと、現役選手と比べるのは無理があるんじゃないか?

もちろん筆者も、これまでの「R35 GT-R」には、そんなロマンチックな印象を持ったことは一度もなかった。しかし今度の2014年型(MY14モデル)は、あのサンニーRに似ているのだ。
もっとしっかり説明するならば、あのワクワクするハンドリングを、MY14モデルは持っている。

それが何なのかを伝えることが、今回の一番大切なテーマだ。

2014年モデルには、LEDヘッドランプが新たに採用された。4つのLEDランプで構成されており、照射範囲が拡大されている。
2014年モデルには、LEDヘッドランプが新たに採用された。4つのLEDランプで構成されており、照射範囲が拡大されている。
リアコンビランプも点灯部のデザインが変更された。従来はLEDを環状に配置したものだったが、新型では切れ目のない丸いリングに。
リアコンビランプも点灯部のデザインが変更された。従来はLEDを環状に配置したものだったが、新型では切れ目のない丸いリングに。
ヘッドランプユニットには、「稲妻の閃光(せんこう)」をイメージしたというLEDポジションランプが組み込まれている。
ヘッドランプユニットには、「稲妻の閃光(せんこう)」をイメージしたというLEDポジションランプが組み込まれている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 日産GT-Rプレミアムエディション(4WD/6AT)【試乗記】 2016.9.26 試乗記 進化し続ける「日産GT-R」。走行性能や快適性の改良だけでなく、内外装の変更も伴う、GT-R史上最大規模の改良を受けた2017年モデル(MY17)の実力やいかに? 装備が充実した「プレミアムエディション」に試乗した。
  • 2015ワークスチューニンググループ合同試乗会(NISMO編)【試乗記】 2015.7.28 試乗記 NISMO/無限/STI/TRDという自動車メーカー直系の4ブランドが、箱根で合同試乗会を開催。モータースポーツ活動で培ってきた各社の経験は、市販モデルの性能向上にどう生かされているのか? 今回はNISMOの3車種をリポートする。
ホームへ戻る