内外装もエンジンも特別なロールス・ロイス発売

2014.01.14 自動車ニュース
「ロールス・ロイス・ゴースト V スペシフィケーション」
「ロールス・ロイス・ゴースト V スペシフィケーション」

内外装もエンジンも特別な「ロールス・ロイス・ゴースト」発売

英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2014年1月8日、特別限定車「ゴースト V スペシフィケーション」の概要を発表した。

ゴースト V スペシフィケーションは、特別な内外装が与えられた、ロールス・ロイスの限定車だ。
ベースとなるのは「ゴースト」と、そのロングホイールベース版である「ゴースト エクステンディットホイールベース」。コーチラインに見られるゴースト V スペシフィケーションのモチーフや、クロム仕上げのビジブルエキゾースト、21インチホイールなどが、外観上の特徴となっている。

内装も、トレッドプレートの刻印やリアシートのアームレストに施される刺しゅう、マルチメディアスクリーン(フロント)のカバーの象眼細工、黒とシルバーの文字板を持つアナログ時計などでドレスアップ。
また、6.6リッターV12エンジンの出力が、ベースモデルの570psから31ps増しの601psとなるなど、動力性能の向上も図られている。

生産期間は2014年1月から6月までの予定で、これに対する日本でのオーダー受付は、同年3月末までとなる見込み。現時点で、価格は明らかになっていない。

(webCG)

関連キーワード:
ゴーストロールスロイス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・ファントム・クーペ(FR/6AT)【海外試乗記】 2008.11.6 試乗記 ロールス・ロイス・ファントム・クーペ(FR/6AT)
    ……4998.0万円

    庶民には縁遠い存在のロールス・ロイスだが、「ファントム・クーペ」に乗り込んだ『CG』大谷達也は、試乗しているうちに親しみが湧いてきたという。その理由とは?

    『CG』2008年9月号から転載。
  • ロールス・ロイスが新型「ファントム」を発表 2017.7.28 自動車ニュース 英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2017年7月27日(現地時間)、新型「ファントム」を発表した。ファントムはロールス・ロイスのフラッグシップサルーンである。約14年ぶりにフルモデルチェンジされた新型は、通算で8代目のモデルとなる。
  • ロールス・ロイス・ゴースト(FR/8AT)【海外試乗記】 2014.10.27 試乗記 デビュー5年目にして初の大幅改良を受け、「シリーズII」へと進化した「ロールス・ロイス・ゴースト」。進化したホスピタリティーと、受け継がれたロールスの世界観に触れた。
  • ロールス・ロイス・ファントム シリーズII 2014.5.23 画像・写真 ロールス・ロイスのフラッグシップモデル「ファントム」の姿を写真で紹介。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る