内外装もエンジンも特別なロールス・ロイス発売

2014.01.14 自動車ニュース
「ロールス・ロイス・ゴースト V スペシフィケーション」
「ロールス・ロイス・ゴースト V スペシフィケーション」

内外装もエンジンも特別な「ロールス・ロイス・ゴースト」発売

英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2014年1月8日、特別限定車「ゴースト V スペシフィケーション」の概要を発表した。

ゴースト V スペシフィケーションは、特別な内外装が与えられた、ロールス・ロイスの限定車だ。
ベースとなるのは「ゴースト」と、そのロングホイールベース版である「ゴースト エクステンディットホイールベース」。コーチラインに見られるゴースト V スペシフィケーションのモチーフや、クロム仕上げのビジブルエキゾースト、21インチホイールなどが、外観上の特徴となっている。

内装も、トレッドプレートの刻印やリアシートのアームレストに施される刺しゅう、マルチメディアスクリーン(フロント)のカバーの象眼細工、黒とシルバーの文字板を持つアナログ時計などでドレスアップ。
また、6.6リッターV12エンジンの出力が、ベースモデルの570psから31ps増しの601psとなるなど、動力性能の向上も図られている。

生産期間は2014年1月から6月までの予定で、これに対する日本でのオーダー受付は、同年3月末までとなる見込み。現時点で、価格は明らかになっていない。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・ファントム シリーズII 2014.5.23 画像・写真 ロールス・ロイスのフラッグシップモデル「ファントム」の姿を写真で紹介。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • ロールス・ロイス・ゴースト(FR/8AT)【海外試乗記】 2014.10.27 試乗記 デビュー5年目にして初の大幅改良を受け、「シリーズII」へと進化した「ロールス・ロイス・ゴースト」。進化したホスピタリティーと、受け継がれたロールスの世界観に触れた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【レビュー】NEW 2017.7.26 試乗記 さらなるパワーと洗練を得て「ランボルギーニ・アヴェンタドール」が「アヴェンタドールS」に進化した。その実力を試す舞台に選ばれたのは鈴鹿サーキットだったが、ご覧のとおりの悪天候。このコンディションだと、いかに「S」といえども……。
ホームへ戻る