内外装もエンジンも特別なロールス・ロイス発売

2014.01.14 自動車ニュース
「ロールス・ロイス・ゴースト V スペシフィケーション」
「ロールス・ロイス・ゴースト V スペシフィケーション」
    拡大

内外装もエンジンも特別な「ロールス・ロイス・ゴースト」発売

英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2014年1月8日、特別限定車「ゴースト V スペシフィケーション」の概要を発表した。

ゴースト V スペシフィケーションは、特別な内外装が与えられた、ロールス・ロイスの限定車だ。
ベースとなるのは「ゴースト」と、そのロングホイールベース版である「ゴースト エクステンディットホイールベース」。コーチラインに見られるゴースト V スペシフィケーションのモチーフや、クロム仕上げのビジブルエキゾースト、21インチホイールなどが、外観上の特徴となっている。

内装も、トレッドプレートの刻印やリアシートのアームレストに施される刺しゅう、マルチメディアスクリーン(フロント)のカバーの象眼細工、黒とシルバーの文字板を持つアナログ時計などでドレスアップ。
また、6.6リッターV12エンジンの出力が、ベースモデルの570psから31ps増しの601psとなるなど、動力性能の向上も図られている。

生産期間は2014年1月から6月までの予定で、これに対する日本でのオーダー受付は、同年3月末までとなる見込み。現時点で、価格は明らかになっていない。

(webCG)

関連キーワード:
ゴーストロールス・ロイスロールスロイス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・ファントム エクステンデッドホイールベース(FR/8AT)【試乗記】 2018.4.30 試乗記 押しも押されもしない英国の名門、ロールス・ロイス。そのラインナップの頂点に君臨するのが、1925年からの伝統を受け継ぐハイエンドモデル「ファントム」である。8代目となる最新型の試乗を通し、このクルマだけが持ち合わせる無二の世界観に触れた。
  • ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.28 試乗記 新世代プラットフォームを基に開発された、第3世代の「ベントレー・コンチネンタルGT」にオーストリアで試乗。ベントレーの伝統を継承しつつ革新的な進化を目指したという新型は、驚くほどシャープなモデルに仕上がっていた。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2018.6.11 試乗記 日本ではマイナーな存在だが、欧米のブランドでは長年にわたり大切にされてきた“4シーターオープン”というカテゴリー。「アウディA5カブリオレ」の試乗を通し、スポーツカーとは一線を画すその趣に触れた。
  • ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.5 試乗記 ガソリンエンジン車の発売から半年、ようやく上陸した「ボルボXC60」のクリーンディーゼル搭載車に試乗。その見どころは、燃費と力強さだけにあらず。ガソリン車よりもさらに心地いいクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る