第67回:日韓合作だから撮れたカーアクション!
『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』

2014.01.16 エッセイ

日本の原作+韓国の監督

日韓合作映画である。原作は日本の司城志朗の小説で、監督は韓国の新鋭キム・ソンス。主演は大河ドラマ『八重の桜』の山本覚馬役で肉体美を披露し、“マッチョ西島”の異名を得た西島秀俊だ。今回もハードなアクションシーンをこなしている。ほかのキャストも日韓の俳優が混在していて、撮影も両方の国で行われた。その結果、日本映画とも韓国映画とも違う、不思議な情緒をたたえた作品が生まれたのだ。

映画では、日韓の交流は珍しいことではない。2003年の『オールド・ボーイ』は、日本のマンガを原作としてパク・チャヌク監督が映画化したものだった。いわゆる韓流ブーム以降は、双方が相手国の人気作品をリメイクすることが増えた。テレビドラマでは、日本の『花より男子』が韓国でドラマ化され、逆に韓国の『美男ですね』がTBSでリメイクされた。お隣さんなんだから文化の背景もある程度は似ているわけで、移入しやすいのは当然だ。

韓国映画を観ていると、セリフの一部が日本語に聞こえることがある。ほとんど同じ発音の単語がたくさんあるのだ。漢字由来の言葉をそれぞれの流儀で読んでいることが結構多い。とはいっても別の言語なのだから、制作現場では意思疎通に苦労があったようだ。西島には役の上でも大きなハードルが与えられた。もともとオ・ジヌという韓国人だったが、記憶を書き換えられて石神武人という日本人になっているという設定なのだ。5日間のうちに真相を探らなければ、すべての記憶が消えてしまう。遺伝子をめぐる科学ミステリーを背景にしたタイムサスペンスである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。