ホンダが新型セダン「アキュラTLX」をお披露目【デトロイトショー2014】

2014.01.15 自動車ニュース
デトロイトショー2014における、「アキュラTLXプロトタイプ」発表の様子。

【デトロイトショー2014】ホンダが新型セダン「アキュラTLX」をお披露目

ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー、会期:2014年1月13日~26日)において、新型セダン「アキュラTLX」のプロトタイプを公開した。

アキュラのTLXは、現在販売されている「TL」「TSX」のあとを継ぐ、新しいミドルクラスセダン。ラグジュアリーセダンにふさわしい“しなやかでスポーティーなスタイリング”や、“ジュエルアイ”と呼ばれるLEDヘッドランプが特徴とされている。

パワートレインは、新開発の2.4リッター直噴 DOHC i-VTEC直4エンジンと、クロスオーバーSUVの「MDX」にも搭載されている3.5リッター直噴 SOHC i-VTEC V6エンジンの2本立て。前者2.4リッターエンジンには新開発のトルクコンバーター付き8段DCT(デュアルクラッチトランスミッション)が、後者の3.5リッターエンジンには9段のオートマチックトランスミッションが組み合わされる。

FF車に備わる、高い旋回性と安定性を実現するという「プレシジョンオールホイールステア(Precision All-Wheel Steer)」や、3.5リッターモデルに設定される、新世代の四輪駆動力自在制御システム(SH-AWD)が、技術的な見どころ。さらに、「低速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール(ACC)」や「レーンキープアシストシステム(LKAS)」といった安全装備も、セリングポイントとなっている。

アキュラTLXは、アメリカのオハイオ州で生産され、同国内で2014年半ばに発売される見込み。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。