第330回:「尻下がり」や「逆傾斜」
ご法度デザインに挑戦したクルマたち

2014.01.17 エッセイ

おそ松くんと「アルファスッド」

子どもの頃見た、故・赤塚不二夫の漫画『おそ松くん』アニメ版に、こんな場面があった。いきさつは忘れたが、登場人物たちが駕籠(かご)を担ぐことになった。すると、西洋かぶれのイヤミが、「最新のクルマは、前が長くて後ろが短いのが流行ざんす」といったことを言いだし、竿(さお)の長さを前後不均等にしてしまう。当然のことながら、担ぎ手は大混乱、というものだった。

「前が長くて、後が短い」といえば、ジウジアーロが1971年の「アルファ・ロメオ アルファスッド」で初めて大衆車の世界にもたらし、たちまち広まったコーダトロンカスタイルがある。それがまわりまわって、日本のアニメにまで影響を与えたかと思うと、なかなか面白い。

今回はクルマのデザインのお話、特に「ご法度」なデザインに挑戦したクルマたちを採り上げよう。

大衆車にコーダトロンカを取り入れた「アルファ・ロメオ アルファスッド」。(1971年)
大衆車にコーダトロンカを取り入れた「アルファ・ロメオ アルファスッド」。(1971年)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。