より便利でコワモテな「日産エルグランド」登場

2014.01.15 自動車ニュース
「日産エルグランド 250ハイウェイスター プレミアム」
「日産エルグランド 250ハイウェイスター プレミアム」

より便利でコワモテな「日産エルグランド」登場

日産自動車は2014年1月15日、ミニバン「エルグランド」にマイナーチェンジを実施し、同年1月20日に発売すると発表した。

■「ハイウェイスター」シリーズのフロントマスクを一新

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインを大幅に変更。「250XG」を除く全グレードでフロントまわりの意匠を一新した。具体的には、全周をクロムメッキで囲んだ大型のフロントグリルや、LEDポジションランプを装備した新デザインのヘッドランプを採用。ヘッドランプはクラス初のLED式となった。また、切削処理を施した新デザインの18インチアルミホイールや、クリアタイプのリアコンビランプなどを新たに採用。ボディーカラーは新色の「インペリアルアンバー」を含む、全5色の設定とした。

一方インテリアでは、上級グレードの「350ハイウェイスター プレミアム」に、専用の「グランドブラックインテリア」を採用。これはカラードクロムを配した専用グラデーションブラックメープルフィニッシャーと、座面にダイヤ型キルティングを施したブラックメタリックレザーのシートを組み合わせたもので、新グレードの「250ハイウェイスター プレミアム」にも標準で設定している。
また量販グレード「250/350ハイウェイスター」の「ブラック/ダークベイブラウンインテリア」についても、グラデーションブラウンエボニーフィニッシャーと質感を向上させた新しいシート地を採用した。

■サードシートに前後スライド機構を追加

ユーティリティーの改善もはかっており、室内高を拡大したほか、サードシートに前方向240mmのスライド機能を追加。これにより、ラゲッジルームには最大で9インチのゴルフバッグを6セット積載できるようになった。

また機能装備に関しては、全グレードにクルーズコントロールを標準装備したほか、メーターの中央には視認性を改善したアドバンスドドライブアシストディスプレイを採用。メーター自体も、新デザインの2眼式に変更した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・250XG(FF):312万3750円
・250XG(4WD):340万7250円
・250ハイウェイスター(FF):349万6500円
・250ハイウェイスター(4WD):378万円
・250ハイウェイスター プレミアム(FF):388万5000円
・250ハイウェイスター プレミアム(4WD):416万8500円
・350ハイウェイスター(FF):401万1000円
・350ハイウェイスター(4WD):429万4500円
・350ハイウェイスター プレミアム(FF):518万9100円
・350ハイウェイスター プレミアム(4WD):547万2600円

(webCG)
 

関連キーワード:
エルグランド日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】NEW 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • 第466回:ボルボの“神話”はここで磨かれる
    スウェーデン・ヨーテボリの本社を訪問する
    2017.12.28 エディターから一言 創業以来、一貫して自動車の安全性の向上に尽力してきたボルボ。同社のセーフティーの基礎にはどのような考え方があるのだろうか。最近ボルボのもうひとつの特長となりつつあるデザイン分野と併せ、スウェーデン本社で“ふたつの神話”の磨き方を聞いた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ 2017.12.25 画像・写真 第45回東京モーターショーで注目を集めたスズキのコンパクトクロスオーバー「XBEE(クロスビー)」が、早くも市販モデルとしてデビュー。ワゴンの使い勝手とSUVのデザイン、走破性を併せ持つというニューモデルの姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る