より便利でコワモテな「日産エルグランド」登場

2014.01.15 自動車ニュース
「日産エルグランド 250ハイウェイスター プレミアム」
「日産エルグランド 250ハイウェイスター プレミアム」

より便利でコワモテな「日産エルグランド」登場

日産自動車は2014年1月15日、ミニバン「エルグランド」にマイナーチェンジを実施し、同年1月20日に発売すると発表した。

■「ハイウェイスター」シリーズのフロントマスクを一新

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインを大幅に変更。「250XG」を除く全グレードでフロントまわりの意匠を一新した。具体的には、全周をクロムメッキで囲んだ大型のフロントグリルや、LEDポジションランプを装備した新デザインのヘッドランプを採用。ヘッドランプはクラス初のLED式となった。また、切削処理を施した新デザインの18インチアルミホイールや、クリアタイプのリアコンビランプなどを新たに採用。ボディーカラーは新色の「インペリアルアンバー」を含む、全5色の設定とした。

一方インテリアでは、上級グレードの「350ハイウェイスター プレミアム」に、専用の「グランドブラックインテリア」を採用。これはカラードクロムを配した専用グラデーションブラックメープルフィニッシャーと、座面にダイヤ型キルティングを施したブラックメタリックレザーのシートを組み合わせたもので、新グレードの「250ハイウェイスター プレミアム」にも標準で設定している。
また量販グレード「250/350ハイウェイスター」の「ブラック/ダークベイブラウンインテリア」についても、グラデーションブラウンエボニーフィニッシャーと質感を向上させた新しいシート地を採用した。

■サードシートに前後スライド機構を追加

ユーティリティーの改善もはかっており、室内高を拡大したほか、サードシートに前方向240mmのスライド機能を追加。これにより、ラゲッジルームには最大で9インチのゴルフバッグを6セット積載できるようになった。

また機能装備に関しては、全グレードにクルーズコントロールを標準装備したほか、メーターの中央には視認性を改善したアドバンスドドライブアシストディスプレイを採用。メーター自体も、新デザインの2眼式に変更した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・250XG(FF):312万3750円
・250XG(4WD):340万7250円
・250ハイウェイスター(FF):349万6500円
・250ハイウェイスター(4WD):378万円
・250ハイウェイスター プレミアム(FF):388万5000円
・250ハイウェイスター プレミアム(4WD):416万8500円
・350ハイウェイスター(FF):401万1000円
・350ハイウェイスター(4WD):429万4500円
・350ハイウェイスター プレミアム(FF):518万9100円
・350ハイウェイスター プレミアム(4WD):547万2600円

(webCG)
 

関連キーワード:
エルグランド日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • 第455回:よみがえったもう1台のボンドカー 幻のトヨタ2000GTがフルレストアを経て復活 2017.11.1 エディターから一言 「トヨタ2000GT」の“ボンドカー”が、実は2台存在したことをご存じだろうか。長くベールに包まれていた幻の2000GTボンドカーが、このたびフルレストアを経て復活。ついにその姿を、われわれの前に現した。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【レビュー】 2017.11.6 試乗記 トヨタの本格オフローダー「ランドクルーザープラド」がマイナーチェンジ。ただしその変化は、モデルライフ半ばの化粧直しだけにあらず。試乗してみると、走りにもランクルらしい改良の成果が表れていた。
  • 【東京モーターショー2017】ホンダ、二輪は「スーパーカブ」などを中心に出展 2017.10.25 自動車ニュース
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記