より便利でコワモテな「日産エルグランド」登場

2014.01.15 自動車ニュース
「日産エルグランド 250ハイウェイスター プレミアム」

より便利でコワモテな「日産エルグランド」登場

日産自動車は2014年1月15日、ミニバン「エルグランド」にマイナーチェンジを実施し、同年1月20日に発売すると発表した。

■「ハイウェイスター」シリーズのフロントマスクを一新

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインを大幅に変更。「250XG」を除く全グレードでフロントまわりの意匠を一新した。具体的には、全周をクロムメッキで囲んだ大型のフロントグリルや、LEDポジションランプを装備した新デザインのヘッドランプを採用。ヘッドランプはクラス初のLED式となった。また、切削処理を施した新デザインの18インチアルミホイールや、クリアタイプのリアコンビランプなどを新たに採用。ボディーカラーは新色の「インペリアルアンバー」を含む、全5色の設定とした。

一方インテリアでは、上級グレードの「350ハイウェイスター プレミアム」に、専用の「グランドブラックインテリア」を採用。これはカラードクロムを配した専用グラデーションブラックメープルフィニッシャーと、座面にダイヤ型キルティングを施したブラックメタリックレザーのシートを組み合わせたもので、新グレードの「250ハイウェイスター プレミアム」にも標準で設定している。
また量販グレード「250/350ハイウェイスター」の「ブラック/ダークベイブラウンインテリア」についても、グラデーションブラウンエボニーフィニッシャーと質感を向上させた新しいシート地を採用した。

■サードシートに前後スライド機構を追加

ユーティリティーの改善もはかっており、室内高を拡大したほか、サードシートに前方向240mmのスライド機能を追加。これにより、ラゲッジルームには最大で9インチのゴルフバッグを6セット積載できるようになった。

また機能装備に関しては、全グレードにクルーズコントロールを標準装備したほか、メーターの中央には視認性を改善したアドバンスドドライブアシストディスプレイを採用。メーター自体も、新デザインの2眼式に変更した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・250XG(FF):312万3750円
・250XG(4WD):340万7250円
・250ハイウェイスター(FF):349万6500円
・250ハイウェイスター(4WD):378万円
・250ハイウェイスター プレミアム(FF):388万5000円
・250ハイウェイスター プレミアム(4WD):416万8500円
・350ハイウェイスター(FF):401万1000円
・350ハイウェイスター(4WD):429万4500円
・350ハイウェイスター プレミアム(FF):518万9100円
・350ハイウェイスター プレミアム(4WD):547万2600円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エルグランドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 日産NV350キャラバン プレミアムGX(FR/5AT)【試乗記】 2012.7.30 試乗記 日産NV350キャラバン プレミアムGX(FR/5AT)
    ……267万3300円

    発売後約1カ月で月販目標の3倍となる6000台を超えるなど、好調な立ち上がりを見せている「NV350キャラバン」。シェア8割以上を占める「トヨタ・ハイエース」にどこまで迫れるか。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
ホームへ戻る