第223回:「ポルシェ・マカン」はこんなクルマ
ドイツで開催されたワークショップに参加して

2014.01.18 エッセイ
「ポルシェ・マカン ターボ」
「ポルシェ・マカン ターボ」

「カイエン」よりひとまわり小さなポルシェの新しいSUV、「マカン」のワークショップ(体験型講座)が2013年12月、ドイツで開催された。車両概要説明のほか、同乗ながら試乗も行われるなど、充実した内容だった。

「マカン」は基本設計を「アウディQ5」と共有している。
「マカン」は基本設計を「アウディQ5」と共有している。
「マカン」は2013年11月のロサンゼルスオートショーでワールドプレミア(世界初公開)を飾った。
「マカン」は2013年11月のロサンゼルスオートショーでワールドプレミア(世界初公開)を飾った。
アジア地区では、2013年11月の東京モーターショーでお披露目された。
アジア地区では、2013年11月の東京モーターショーでお披露目された。

骨格部分は「アウディQ5」と共通

ロサンゼルスオートショーでワールドプレミアを飾った「ポルシェ・マカン」のワークショップが、ドイツ・デュッセルドルフにほど近いグレーベンブロイヒのドイツ自動車連盟(ADAC)交通安全センターで開かれた。

マカンに関する事前情報といえば、これがポルシェにとって初めてとなるコンパクトSUVであること、その基本設計が同じフォルクスワーゲングループに属するアウディの「Q5」と共通であること、そして車名のマカンがインドネシア語で「トラ」を意味していることなどがよく知られている。

マカンのボディーサイズは全長4699×全幅1923×全高1624mmで、順に4845×1940×1710mmの「カイエン」より15cmほど短く、2cmほど狭く、9cmほど背が低い。ホイールベースもカイエンの2895mmに対して2807mmと、約9cm短い。したがって、カイエンがフルサイズSUVだとしたらマカンがコンパクトSUVに分類されるのは当然だろう。
ちなみに「アウディQ5」は4630×1900×1660mmでホイールベースは2810mmだから、マカンのほうが7cm長く、2cm幅広く、4cmほど背が低いことになる。
なお、ここに記した寸法はマカンのみヨーロッパ仕様で、カイエンとQ5は日本仕様。したがって、マカンで2807mm、Q5で2810mmとなるホイールベースは同一のものと考えられる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マカンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る