「レクサスCT200h」“新たな顔”で新発売

2014.01.16 自動車ニュース
「レクサスCT200h“Fスポーツ”」
「レクサスCT200h“Fスポーツ”」

「レクサスCT200h」“新たな顔”で新発売

トヨタ自動車は、レクサスブランドのハッチバックモデル「CT200h」に仕様変更を施し、2014年1月16日に発売した。

2011年1月の誕生から、ちょうど3年。ハイブリッド専用のハッチバックモデル「レクサスCT200h」に、大掛かりな仕様変更が施された。

最も目を引くのは、レクサス車のデザインアイコンとなっている「スピンドルグリル」。新デザインの前後バンパーやアルミホイールなどと相まって、ダイナミックかつスポーティーなスタイリングを実現している。ボディーカラーは、新色のマダーレッドを含む全11色が用意される。
インテリアについては、シート表皮と内装色、オーナメントパネルの選択パターンを約80通りに拡大。グレードにより、シート表皮にはモス、キャメルを含む4色が設定され、サンドゴールドのファブリックやトパーズブラウンの本革も選べる。

スポーティーグレードの“Fスポーツ”には、アグレッシブな力強さを表現すべく、メッシュタイプのスピンドルグリルや大型のリアスポイラー、切削処理を施した17インチアルミホイールなどの専用装備が与えられている。また、ボディーカラーとのコントラストにより存在感を際立たせるというブラックルーフも選択できる(ブラック、ブラックオパールマイカを除く)。

走りや乗り心地に関わる部分では、吸音材/遮音材の改良などにより静粛性を向上。スポット溶接打点を追加したうえで新たな構造用接着材を採用するなどして、ボディー剛性も強化。これにより、優れた操縦安定性と上質な乗り心地が得られたという。

ナビやオーディオの情報をメーター内に表示できる4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイや、「竹炭プラントオパール樹脂振動板」を使ったスピーカー、イオン発生数を従来型比で約20倍に高めた「プラズマクラスター」など、新たな機能装備や快適装備もセリングポイントとなっている。

価格は以下の通り。
・CT200h:356万円
・CT200h“バージョンC”:380万円
・CT200h“Fスポーツ”:421万円
・CT200h“バージョンL”:448万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
  • レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)/CT200h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2014.2.25 試乗記 マイナーチェンジを受けた「レクサスCT200h」の見どころは、フロントエンドの「スピンドルグリル」だけではない。ボディー剛性の見直しなど、プレミアムコンパクトカーとしての“体幹”も一段と強化されているという。その仕上がりはいかに?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
ホームへ戻る