「水野和敏的視点」 vol.32 「スポーツチューンに“模範解答”はあるのか?

2014.01.17 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.32 「スポーツチューンに“模範解答”はあるのか?」

R35型「日産GT-R」の生みの親であり、育ての親である水野氏が、本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。「スバルBRZ tS」から「アウディA3スポーツバック」まで、5台のスポーツモデルに一気乗りしたミスターGT-Rの心に残ったものは? 今回はスポーツチューンの面白くも深い世界について考える。

スバルBRZ tS GTパッケージ
スバルBRZ tS GTパッケージ
    拡大

「水野和敏的視点」 vol.32 「スポーツチューンに“模範解答”はあるのか?の画像 拡大
アバルト・プント スーパースポーツ
アバルト・プント スーパースポーツ     拡大
スズキ・スイフトスポーツ
スズキ・スイフトスポーツ     拡大
MINIジョンクーパーワークス クーペ
MINIジョンクーパーワークス クーペ     拡大
アウディA3スポーツバック1.8 TFSIクワトロ
アウディA3スポーツバック1.8 TFSIクワトロ     拡大

■スバルBRZ tSの完成度は次元が違う

「スポーツ」をキーワードに、個性派モデルを見てきた「水野和敏的視点」。最後に、個別のテストでは触れられなかった事柄を拾いつつ、振り返ってみたいと思います。

まず、「BRZ」のSTIバージョンたる「スバルBRZ tS GTパッケージ」(6MT:429万4500円)。これは、「開発者個人の名が特定できるのではないか」と思われるほど、ハッキリした個性を持つチューンドモデルでした。ズバリ、「ニュルブルクリンクのことしか考えてないでしょ!」と言いたくなるクルマ。小さな路面のデコボコはきちんと吸収し、大きな入力には無駄のない足まわり。剛性感があり、正確なステアリング。すばらしいエンジンレスポンス。「スポーツ」の評価を、モータースポーツというベクトルで行った場合、ほかのテスト車とは次元の違う完成度を見せていました。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
BRZスバル

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.24 試乗記 2リッター水平対向エンジンを搭載したスバルのFRスポーツ「BRZ」が、エンジン、ボディー、足まわりに手を加える大幅改良を受けた。試乗を通してその実力を測るとともに、「スポーツカー天国」ニッポンに生まれたシアワセについて考えた。
  • マツダCX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.5.7 試乗記 フルモデルチェンジから1年余り。「マツダCX-5」に早くも手直しが入った。新規技術を出し惜しみせず、矢継ぎ早に投入していくのが“現在”のマツダ流。その進化のほどやいかに!?
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る