ホンダ・オデッセイG・EX 7人乗り(FF/CVT)

乗ればたしかに「オデッセイ」 2014.01.22 試乗記 新しくなった「ホンダ・オデッセイ」に試乗。ミニバンらしいユーティリティーを重視した新型に、歴代モデルの魅力は受け継がれているのか?

カッコよさより機能性

僕を含めた現在50歳ぐらいの人たちが、若い頃ホンダの2代目「プレリュード」に憧れたように、現在30歳ぐらいのユーザーの中には、若い頃3代目「オデッセイ」に憧れた人が少なくなかった。

10年ほど前、いっしょに仕事をしていた一般情報誌の編集スタッフもそうだった。当時の彼は独身。なのになぜ3列シートなのか、僕には理解できなかったが、友だちと遊びに行くことを考えればミニバンですよ! という答えが返ってきた。
もちろんそれなら、他のミニバンでもいいわけだが、数ある中からオデッセイをお気に入りとしたのは、カッコよさだった。なにしろ全高1550mmと、タワーパーキングに収まる低さだったのだから。その点ではプレリュードに僕たちが憧れた理由と同じだ。ホンダらしさはカッコよさだったのだ。

ところがその後、オデッセイを含めたデザイン重視のミニバンは売り上げが急降下。一部は販売終了に追い込まれた。今の若い人たちはクルマをトランスポーターと捉える傾向が強い。それなら箱形に勝るものはないわけで、「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」や「日産セレナ」などは堅実に売れている。

一方のホンダは、昔から低いクルマに並外れたこだわりを持ってきた。でも悲しいかな、2代目「シティ」やプレリュードなど、低さにこだわったホンダ車は長続きしない。そんな状況下でオデッセイをどうすべきか、ホンダは悩んだだろう。新型の姿を前にすると、そんな内部事情が伝わってくる。

新型オデッセイは、アルファード/ヴェルファイアなどのライバルとして登場した「エリシオン」との統合モデルでもある。そのためもあって背を旧型より約150mmも高くし、スライドドアを採用した。でもホンダお得意の低床フロアを活用したおかげで、ライバルのような箱形にはなっていない。彼らなりの低さへのこだわりの気持ちを、抑えることができなかったのだろう。

上級ミニバンの「エリシオン」の後継も担うこととなった新型「オデッセイ」。3、4代目モデルの特長だった低い車高をやめ、広さ重視の箱型スタイリングを採用した。
上級ミニバンの「エリシオン」の後継も担うこととなった新型「オデッセイ」。3、4代目モデルの特長だった低い車高をやめ、広さ重視の箱型スタイリングを採用した。
ダッシュボードもシートも真っ黒な「アブソルート」に対し、標準車はシートやインパネなどにアイボリー、木目調パネルにブラウンを採用している。
ダッシュボードもシートも真っ黒な「アブソルート」に対し、標準車はシートやインパネなどにアイボリー、木目調パネルにブラウンを採用している。
ウオークスルーできることを優先し、前席のセンターコンソールは廃止。代わりに、必要に応じて引き出して使えるドリンクホルダー付きのトレーを装備している。
ウオークスルーできることを優先し、前席のセンターコンソールは廃止。代わりに、必要に応じて引き出して使えるドリンクホルダー付きのトレーを装備している。
3列目シートは「ステップワゴン」などと同じく床下に格納するタイプ。(写真をクリックすると、シートアレンジが見られます)
3列目シートは「ステップワゴン」などと同じく床下に格納するタイプ。(写真をクリックすると、シートアレンジが見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

オデッセイの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)NEW 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚き値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(後編) 2017.3.2 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ホンダ・オデッセイ アブソルート」に試乗する。オデッセイのハンドリングの良さに感銘を受けた谷口は、ミニバンのキモである室内にはどんな評価を下すのか?
ホームへ戻る