「ルノー・カングー」のMTモデルが“復活”

2014.01.17 自動車ニュース
「ルノー・カングー アクティフ」
「ルノー・カングー アクティフ」

「ルノー・カングー」のMTモデルが“復活”

ルノー・ジャポンは2014年1月17日、「ルノー・カングー」にMTモデルを追加設定し、同年2月7日に発売すると発表した。

 

2009年9月の発売当初から、MTとAT、2種類のトランスミッションが用意されていた2代目「ルノー・カングー」。
フロントまわりのデザインが変わったマイナーチェンジ版の導入(2013年8月)以降、MTモデルの取り扱いが途絶えていたが、今回、エントリーグレード「アクティフ」のバリエーションとして、ラインナップに“復活”することになった。
なお、トランスミッション以外の機関部分は、ATモデルと変わらない。

価格は、4段ATモデルより5万円安い209万8000円。

・カングー ゼン(4AT):234万8000円
・カングー アクティフ(4AT):214万8000円
・カングー アクティフ(5MT):209万8000円

ボディーカラーは、「ジョン アグリュム」(黄)、「ブラン ミネラル」(白)など、ATモデルと同じ5色から選べる。

(webCG)

関連キーワード:
カングールノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記 ルノーのCセグメントハッチバック「メガーヌ」がモデルチェンジ。その第1弾として、標準モデルとともに日本に導入されたのが、高性能版の「GT」だ。箱根のワインディングロードで、ルノー・スポールが手がけたこだわりのハンドリングを満喫した。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記
  • 「DS 3」に“トカゲ革模様”の限定モデルが登場 2017.12.4 自動車ニュース