「ルノー・カングー」のMTモデルが“復活”

2014.01.17 自動車ニュース
「ルノー・カングー アクティフ」
「ルノー・カングー アクティフ」
    拡大

「ルノー・カングー」のMTモデルが“復活”

ルノー・ジャポンは2014年1月17日、「ルノー・カングー」にMTモデルを追加設定し、同年2月7日に発売すると発表した。

 

2009年9月の発売当初から、MTとAT、2種類のトランスミッションが用意されていた2代目「ルノー・カングー」。
フロントまわりのデザインが変わったマイナーチェンジ版の導入(2013年8月)以降、MTモデルの取り扱いが途絶えていたが、今回、エントリーグレード「アクティフ」のバリエーションとして、ラインナップに“復活”することになった。
なお、トランスミッション以外の機関部分は、ATモデルと変わらない。

価格は、4段ATモデルより5万円安い209万8000円。

・カングー ゼン(4AT):234万8000円
・カングー アクティフ(4AT):214万8000円
・カングー アクティフ(5MT):209万8000円

ボディーカラーは、「ジョン アグリュム」(黄)、「ブラン ミネラル」(白)など、ATモデルと同じ5色から選べる。

(webCG)

関連キーワード:
カングールノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール18 2018.4.24 画像・写真 F1マシンをモチーフにしたカラーリングが特徴で、F1マシンと同じモデル名を冠した「ルノー・ルーテシア ルノースポール18」。5月に正式発表される限定モデルのディテールを、写真で紹介する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • 「ルーテシア ルノースポール」に黒いボディーが魅力の限定車 2018.4.23 自動車ニュース ルノー・ジャポンが特別仕様車「ルーテシア ルノースポール18」をファン向けに公開。ベースとなったのは「ルノースポール トロフィー」で、ブラックアウトされたボディーなどが特徴となっている。詳細や価格などは5月の正式発表でアナウンスされる。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • 新型スバル・フォレスター(国内仕様車) 2018.5.18 画像・写真 新型「スバル・フォレスター」の販売が2018年夏にスタート! その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る