「ルノー・カングー」のMTモデルが“復活”

2014.01.17 自動車ニュース
「ルノー・カングー アクティフ」
「ルノー・カングー アクティフ」

「ルノー・カングー」のMTモデルが“復活”

ルノー・ジャポンは2014年1月17日、「ルノー・カングー」にMTモデルを追加設定し、同年2月7日に発売すると発表した。

 

2009年9月の発売当初から、MTとAT、2種類のトランスミッションが用意されていた2代目「ルノー・カングー」。
フロントまわりのデザインが変わったマイナーチェンジ版の導入(2013年8月)以降、MTモデルの取り扱いが途絶えていたが、今回、エントリーグレード「アクティフ」のバリエーションとして、ラインナップに“復活”することになった。
なお、トランスミッション以外の機関部分は、ATモデルと変わらない。

価格は、4段ATモデルより5万円安い209万8000円。

・カングー ゼン(4AT):234万8000円
・カングー アクティフ(4AT):214万8000円
・カングー アクティフ(5MT):209万8000円

ボディーカラーは、「ジョン アグリュム」(黄)、「ブラン ミネラル」(白)など、ATモデルと同じ5色から選べる。

(webCG)

関連キーワード:
カングールノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • RRのホットハッチ「ルノー・トゥインゴGT」登場 2017.9.28 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年9月28日、コンパクトカー「トゥインゴ」に新グレード「GT」を設定し、同年10月19日より200台限定で販売すると発表した。ルノー・スポールが手がけた高性能グレードであり、より高出力なエンジンなど特徴としている。
  • ホンダX-ADV(MR/6AT)【レビュー】 2017.9.23 試乗記 スクーターのようなボディーに、オフロードも行けそうなタイヤとホイール。そしてナナハンクラスの大型エンジン。個性的なホンダの“アドベンチャーモデル”「X-ADV」とはどんなオートバイなのか? その走りをリポートする。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • 「ルノー・ルーテシア」に5段MTの新グレード 2017.10.12 自動車ニュース
  • 「A110」登場は年明け アルピーヌ・ジャポンが始動 2017.10.11 自動車ニュース