「ルノー・カングー」のMTモデルが“復活”

2014.01.17 自動車ニュース
「ルノー・カングー アクティフ」
「ルノー・カングー アクティフ」

「ルノー・カングー」のMTモデルが“復活”

ルノー・ジャポンは2014年1月17日、「ルノー・カングー」にMTモデルを追加設定し、同年2月7日に発売すると発表した。

 

2009年9月の発売当初から、MTとAT、2種類のトランスミッションが用意されていた2代目「ルノー・カングー」。
フロントまわりのデザインが変わったマイナーチェンジ版の導入(2013年8月)以降、MTモデルの取り扱いが途絶えていたが、今回、エントリーグレード「アクティフ」のバリエーションとして、ラインナップに“復活”することになった。
なお、トランスミッション以外の機関部分は、ATモデルと変わらない。

価格は、4段ATモデルより5万円安い209万8000円。

・カングー ゼン(4AT):234万8000円
・カングー アクティフ(4AT):214万8000円
・カングー アクティフ(5MT):209万8000円

ボディーカラーは、「ジョン アグリュム」(黄)、「ブラン ミネラル」(白)など、ATモデルと同じ5色から選べる。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る