勢いに乗る日本車メーカー【デトロイトショー2014】

2014.01.20 自動車ニュース
「レクサスRC F」
「レクサスRC F」

【デトロイトショー2014】勢いに乗る日本車メーカー

2013年はアメリカの自動車販売台数が1560万台と、リーマンショック以前のレベルに近づいたからか、ほとんどの自動車メーカーが対前年比を上げて意気揚々。日本車メーカーも魅力的なニューモデルを披露し、勢いに乗っていた。

「RC F」の矢口幸彦チーフエンジニア。
「RC F」の矢口幸彦チーフエンジニア。

■レクサスの主役は「RC F」

レクサスは東京モータショーで出展した「RC」のスポーツバージョン、「RC F」をワールドプレミア。チーフエンジニアとして登壇したのは、「IS F」でもおなじみの矢口幸彦氏だった。パワートレインは5リッターV8自然吸気(NA)エンジン+トルコン8段ATをIS Fから引き継ぐ格好。現在のところ最高出力は約450psだが、「市販までにもっとパワーアップできるでしょう」と矢口氏は自信をのぞかせる。なぜダウンサイジングターボにしないのか? という質問も多いが、その理由はレスポンスの鋭さなど、スポーツドライビングを楽しむにはNAのほうが優れているとの判断からだ。

最初のIS Fを作り上げた経験がいかされていることを考えると、RC Fへの期待度は高い。例えばIS Fではベース車両の要件から、タイヤサイズの選択に苦しいところが見受けられたが、RC FはIS Fの後輪が前輪に使えるレベル。現行ISのプラットフォームのホイールベースを短くして使っているだけではなく、「GS」と組み合わせているというからポテンシャルは高そうだ。
すでに開発は最終段階に差し掛かっており、ニュルブルクリンクなどで走り込んでいるようだ。今秋の発売が楽しみなモデルだ。

「インフィニティQ50」
「インフィニティQ50」

■インフィニティから究極の「Q50」

F1ドライバーの多くが絶賛するスパ・フランコルシャン・サーキットの名物コーナーの名を冠した「インフィニティQ50オールージュ コンセプト」。レッドブルF1レーシングも開発に参画しているという本格的なハイパフォーマンスモデルだ。

市販を前提としていないのでハードウエアは作り込んでいないが、エクステリアはレッドブルが協力しているだけあって、徹底的にエアロダイナミクス性能が追求されている。ルーフとドア以外はすべて作り変えているという。21インチホイールや艶(あで)やかなボディーカラーも含め、スポーティーというだけではなくプレミアム感も増して、妖しい雰囲気もただよう。想定ではエンジンはターボ付きで500ps以上! 市販化されたらレクサスのFブランドとガチンコになりそうだ。

「アキュラTLX」
「アキュラTLX」

■「アキュラTLX」にはハードウエアの話題満載

日本のプレス的には「NSX」の出展がなかったのが寂しいホンダ/アキュラだが、「アキュラTLX」のワールドプレミアは大きめのトピックス。ここ数年のホンダはパワートレインにあまり進展がなかったが、TLXには「今年あたりからグイグイいくよ」というのが見えるのだ。

エンジンは2.4リッター直4と3.5リッターV6の2種類で、ともに直噴。前者が採用する8段DCTは発進をトルクコンバーターで行い、DCTの弱点克服に注目が集まる。後者のトランスミッションは9段と超多段のトルコンATだ。NSXにも搭載されるSH-AWD(四輪駆動力自在制御システム)も用意されており、とにかくハードウエアの話題が多い。ホンダ/アキュラも、ようやく元気さを取り戻してきたことが実感できてうれしい。

「スバルWRX STI」(写真=佐藤靖彦)
「スバルWRX STI」(写真=佐藤靖彦)

■スバルは「WRX STI」を披露

アメリカでは日本以上にブランドイメージが高く、2013年の販売台数は対前年度比で+26%と大きく伸ばしたスバル。そんな背景もあってか「WRX STI」を発表するプレスカンファレンスには多くの人が集まっていた。LAショーで登場した「WRX」をベースにしているが、エンジンは2.5リッターのEJ系。つまり古いままなのだ。日本仕様では直噴のFA20になるのかどうか注目だ。

アメリカは日本のプレミアムブランドにとって主戦場。ここのところドイツ勢に押され気味だったが、気合を入れ直している雰囲気が伝わってきた。スバルの絶好調ぶりは2014年も続くのか? 要注目だ。

(文=石井昌道/写真=石井昌道、佐藤靖彦)

関連記事
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
  • レクサスRC F(FR/8AT)/RC350“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2014.11.17 試乗記 477psのV8エンジンを搭載する、レクサスの新型ハイパフォーマンスクーペ「RC F」に試乗。V6エンジンのスポーティーモデル「RC350“Fスポーツ”」とあわせて、その“走りっぷり”を報告する。
  • レクサスRC200t“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2015.12.7 試乗記 レクサスのスポーツクーペ「RC」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載する「200t」が登場。価格の面ではRCのエントリーグレードに位置づけられるものの、試乗してみれば、それは驚くほど“スポーツ度”の高いモデルだった。
  • レクサスRC350“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2015.1.20 試乗記 300psオーバーのV6エンジンと、後輪操舵(そうだ)をはじめとした高度なシャシー制御技術が自慢の「レクサスRC350“Fスポーツ”」を、高速道路やワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションでチェック。印象に残ったのは刺激ではなく、むしろ……。
  • レクサスRC300h“バージョンL”(FR/CVT)【試乗記】 2014.12.29 試乗記 レクサスブランド待望のミドルクラスクーペ「RC」。わが国における一番人気のモデルは「RC300h」という。熟成を重ねるレクサス・ハイブリッド・ドライブは、“ラジカル・クーペ(RC)”の名にふさわしい走りをもたらすだろうか。最上級グレードの“バージョンL”に試乗した。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
ホームへ戻る