勢いに乗る日本車メーカー【デトロイトショー2014】

2014.01.20 自動車ニュース
「レクサスRC F」
「レクサスRC F」

【デトロイトショー2014】勢いに乗る日本車メーカー

2013年はアメリカの自動車販売台数が1560万台と、リーマンショック以前のレベルに近づいたからか、ほとんどの自動車メーカーが対前年比を上げて意気揚々。日本車メーカーも魅力的なニューモデルを披露し、勢いに乗っていた。

「RC F」の矢口幸彦チーフエンジニア。
「RC F」の矢口幸彦チーフエンジニア。

■レクサスの主役は「RC F」

レクサスは東京モータショーで出展した「RC」のスポーツバージョン、「RC F」をワールドプレミア。チーフエンジニアとして登壇したのは、「IS F」でもおなじみの矢口幸彦氏だった。パワートレインは5リッターV8自然吸気(NA)エンジン+トルコン8段ATをIS Fから引き継ぐ格好。現在のところ最高出力は約450psだが、「市販までにもっとパワーアップできるでしょう」と矢口氏は自信をのぞかせる。なぜダウンサイジングターボにしないのか? という質問も多いが、その理由はレスポンスの鋭さなど、スポーツドライビングを楽しむにはNAのほうが優れているとの判断からだ。

最初のIS Fを作り上げた経験がいかされていることを考えると、RC Fへの期待度は高い。例えばIS Fではベース車両の要件から、タイヤサイズの選択に苦しいところが見受けられたが、RC FはIS Fの後輪が前輪に使えるレベル。現行ISのプラットフォームのホイールベースを短くして使っているだけではなく、「GS」と組み合わせているというからポテンシャルは高そうだ。
すでに開発は最終段階に差し掛かっており、ニュルブルクリンクなどで走り込んでいるようだ。今秋の発売が楽しみなモデルだ。

「インフィニティQ50」
「インフィニティQ50」

■インフィニティから究極の「Q50」

F1ドライバーの多くが絶賛するスパ・フランコルシャン・サーキットの名物コーナーの名を冠した「インフィニティQ50オールージュ コンセプト」。レッドブルF1レーシングも開発に参画しているという本格的なハイパフォーマンスモデルだ。

市販を前提としていないのでハードウエアは作り込んでいないが、エクステリアはレッドブルが協力しているだけあって、徹底的にエアロダイナミクス性能が追求されている。ルーフとドア以外はすべて作り変えているという。21インチホイールや艶(あで)やかなボディーカラーも含め、スポーティーというだけではなくプレミアム感も増して、妖しい雰囲気もただよう。想定ではエンジンはターボ付きで500ps以上! 市販化されたらレクサスのFブランドとガチンコになりそうだ。

「アキュラTLX」
「アキュラTLX」

■「アキュラTLX」にはハードウエアの話題満載

日本のプレス的には「NSX」の出展がなかったのが寂しいホンダ/アキュラだが、「アキュラTLX」のワールドプレミアは大きめのトピックス。ここ数年のホンダはパワートレインにあまり進展がなかったが、TLXには「今年あたりからグイグイいくよ」というのが見えるのだ。

エンジンは2.4リッター直4と3.5リッターV6の2種類で、ともに直噴。前者が採用する8段DCTは発進をトルクコンバーターで行い、DCTの弱点克服に注目が集まる。後者のトランスミッションは9段と超多段のトルコンATだ。NSXにも搭載されるSH-AWD(四輪駆動力自在制御システム)も用意されており、とにかくハードウエアの話題が多い。ホンダ/アキュラも、ようやく元気さを取り戻してきたことが実感できてうれしい。

「スバルWRX STI」(写真=佐藤靖彦)
「スバルWRX STI」(写真=佐藤靖彦)

■スバルは「WRX STI」を披露

アメリカでは日本以上にブランドイメージが高く、2013年の販売台数は対前年度比で+26%と大きく伸ばしたスバル。そんな背景もあってか「WRX STI」を発表するプレスカンファレンスには多くの人が集まっていた。LAショーで登場した「WRX」をベースにしているが、エンジンは2.5リッターのEJ系。つまり古いままなのだ。日本仕様では直噴のFA20になるのかどうか注目だ。

アメリカは日本のプレミアムブランドにとって主戦場。ここのところドイツ勢に押され気味だったが、気合を入れ直している雰囲気が伝わってきた。スバルの絶好調ぶりは2014年も続くのか? 要注目だ。

(文=石井昌道/写真=石井昌道、佐藤靖彦)

関連キーワード:
RC FWRX STIレクサススバルデトロイトモーターショー2014自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • レクサスRC F(FR/8AT)/RC350“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2014.11.17 試乗記 477psのV8エンジンを搭載する、レクサスの新型ハイパフォーマンスクーペ「RC F」に試乗。V6エンジンのスポーティーモデル「RC350“Fスポーツ”」とあわせて、その“走りっぷり”を報告する。
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(ベントレー/ブガッティ) 2017.9.15 画像・写真 2017年のフランクフルトショーに、ベントレーは新型「コンチネンタルGT」を出展した。ブラッシュアップされたW12エンジンは、最高出力が635ps、最大トルクは900Nmに達している。1500psを誇るブガッティの「シロン」とともに写真で紹介する。
ホームへ戻る